ケンサポ ケンサポ ケンサポ

      2016/01/13

 ラクトフェリン

ラクトフェリンと乳酸菌の違いって?どう違うの?

ヨーグルトなどの乳製品のTVCMで「ラクトフェリン」や「乳酸菌」という言葉を、よく耳にしますね。
この2つがカラダに良いことは分かっていても、実際どんな良い効果があるのかご存知ですか?
どちらも、便秘改善に役立ちます!
しかしそれだけではありません。
ラクトフェリンと乳酸菌の違いや、それぞれの、特に女性にとって嬉しい効果についてご紹介します!

ラクトフェリンと乳酸菌、何が違う?

どちらも腸内環境を整える、という働きは一緒です。
しかし、ラクトフェリンはたんぱく質の一種、乳酸菌は細菌の一種のため全く違う物質です。
それぞれには腸内環境を整える以外にも、多くの効果があることが分かっています!

ラクトフェリンって何?

ラクトフェリンはヒトの鼻水だったり、唾液の中に含まれていますが、一番多く含まれているのが母乳の中です!

ラクトフェリンには主に⑥つの効果があります。

① 抗菌・抗ウィルス作用

細菌が増殖していく上で、鉄は欠かせません。
しかし、このラクトフェリンは鉄があると結合する性質があるため、細菌から鉄を奪います。
結果として細菌の増殖を抑えてくれるのです!
また、腸粘膜の表面に張り付いて、ウィルスが体内に侵入するのをガードしてくれます!
そのため、インフルエンザやノロウィルスに効果的です。

② 貧血の改善

先ほど書いたように、ラクトフェリンは鉄と結合します。
そして、ラクトフェリンと結合した鉄は、普通の鉄と比べて腸から体内に吸収されやすくなります!
そのため、貧血が改善されていくのです。

③ 発がん予防

おもに大腸がんになるリスクを、低下させてくれます!
また、胃がんの原因菌とも言われているのがピロリ菌ですが、このピロリ菌が体外に排出するのを助けてくれます。

④ 花粉症などのアレルギーの改善

ラクトフェリンは粘膜の免疫機能を高めてくれます。
そのため、ウィルスに強いカラダ作りを助けてくれるのです。

⑤ 便秘の改善

ラクトフェリンは腸内環境を整えてくれます。
腸内には、悪玉菌や善玉菌、日和見菌のおおきくわけて3種類の細菌が共同生活しています。
ラクトフェリンは、悪玉菌が増殖するのに必要な鉄分を奪い取ります。
そして善玉菌が増殖するのを助けてくれます!
そのため便秘解消に効果があり、老廃物がキレイにされるので、お肌の調子も良くなるのです!
ファンデーションがスーとなじむ、きめ細かい肌になるのを助けてくれます!

⑥ ダイエット効果

ラクトフェリンは中性脂肪を減らす働きがあるため、ダイエットに効果的です!

乳酸菌って何?

乳酸菌は腸内に住む細菌、善玉菌の一種です。
こちらも腸内環境を整えるのを、助けてくれます。
乳酸菌は体内にも生活していますが、牛乳やヨーグルト、チーズなどの乳製品に多く含まれています。
また、お漬物やキムチなどの、発酵食品にも多く含まれています。

どのような効果があるのでしょうか?
乳酸菌の効果を④つご紹介します。

① 便秘改善

乳酸菌は腸内の善玉菌が増えるのを助けてくれます。
逆に、悪玉菌の増えるのを抑えてくれます。
そのため、腸内環境が良くなり、便秘改善へと繋がっていきます。

② 骨や歯を丈夫にする

骨や歯を強くする上で欠かせないのはカルシウムですね。
乳酸菌はこのカルシウムが、体の中に効率的に吸収されるのを助けてくれます!
そのため骨や歯が丈夫になります。

③ 美肌効果

便秘が続くと腸内でアンモニアなどの有害物質が生じます。
それらは、やがて全身にまわるため、化粧ノリが悪くなったり、吹き出物ができたりします。
便秘改善に効果がある乳酸菌は、美肌を作るために欠かせないものです!
それに加え、アトピーなどの皮膚疾患にも効果的です。

④ 免疫力のアップ

乳酸菌は免疫機能をつかさどる細胞を、活性化する働きがあります。
そのため、免疫力が向上するのです!
風邪をひきにくいカラダにするのを助けてくれます。

まとめ

いかがでしたか?
ラクトフェリンはたんぱく質、乳酸菌は善玉菌の一種で全く違う物質です。
しかし、どちらも多くの女性に嬉しい効果があります!
便秘解消や、美肌効果、ダイエット効果、貧血の改善、免疫力のアップなど、魅力的な効果が満載なのです!
ヨーグルトやサプリメント、またお漬物や納豆などの発酵食品を積極的にとって、内側からカラダの健康を目指しましょう!

効果的に乳酸菌を摂取するにはサプリがおすすめ!
あわせて「乳酸菌おすすめのサプリランキング」もご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事