ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 更年期障害

更年期障害に効くサプリってあるの?

040207
更年期障害は最近では男性も発症する症状として名前の認知度はかなり上がってきていますが、それでもメインの患者さんは女性が大半のようです。
女性の場合思春期以降はほぼ一生を女性ホルモンと付き合っていかなければならないので男性よりも症状が広範囲かつ辛いものになります。

この障害の症状は身体症状ではのぼせや異常発汗、逆に異常な冷え、動機息切れ、胸痛など血管性や胸部の症状、あるいは全身の倦怠感、頭痛・肩こり、めまいなど多岐に上ります。
また精神性の症状ではイライラ、情緒不安定、抑うつ、不安感などとして現れます。

これらは一例であり、人によって症状や発現部位が異なります。便秘や下痢など消化器系に現れる人もいれば湿疹など皮膚症状として現れる人、頻尿など泌尿器系に出る人など本当に様々です。
かつては原因不明として処理されていたこの障害も、近年の患者数の急激な増加と研究によってある程度の発生機序が判明し、更年期障害というくくりで治療対象とされました。

更年期障害の原因は女性ホルモンの分泌力の低下

閉経前後の女性に多い更年期障害は、女性ホルモンの分泌能力が加齢とともに低下することによって引き起こされます。
正常な状態では、女性ホルモンは卵巣と脳が協力して分泌を行います。

すなわち、脳からの「このくらいの女性ホルモンを出して」という必要量を定めた分泌指示のもとに、卵巣がその通りのホルモン分泌を行い、その結果を信号として脳に送り返します。

このキャッチボールが上手くいっていればよいのですが、加齢で卵巣の機能が落ちると脳からの分泌指示がきても卵巣はうまく対処できなくなります。
脳は卵巣にもっと働かせようと強い信号を発するも、卵巣機能は年齢と共に落ちていく一方です。

次第にキャッチボールが上手くいかなくなり、自律神経系に悪影響を及ぼしていきます。
その結果全身や精神に冒頭のような症状が現れてくることになります。

女性ホルモンの低下が原因なら補充してあげればよい!?

直接の原因は女性ホルモンの分泌量の低下が原因でした。それならば足りなくなった分を補充してあげれば良いと思いがちですが、なかなかそううまくはいかないのです。

一部の医療機関では症状の重い患者さん向けに補充療法を行っている所もありますが、ホルモンというのは未だ医療の力をもってしても正確にその効果をコントロールできないです。

個体差や状況によって思ったような効果が出ないだけでなく、重い副作用などの危険もあるので安易に行うことはできないが現状です。
そこで注目されたのが女性ホルモンと似たような効能を持つ食品成分です。

女性ホルモン様物質大豆イソフラボン

大豆イソフラボンは化学構造が女性ホルモンと似ていて、体内に吸収されると女性ホルモンと似たような働きをすることが分かりました。
投与実験でも多くの患者さんがいわゆるホットフラッシュなどの不快な症状を緩和でき、サプリメントとしての効果を上げています。

大豆イソフラボンは更年期障害対策商品としてすでに何年も市場で扱われており、多くの女性が使用していますので、効果の高さは検証済みです。
ただし過剰摂取すると乳がんのリスクを高めるとの報告もあるので摂り過ぎには注意しなければなりません。

一日の摂取量の目安はおよそ70~75mgです。
まずは少量から始め、更年期障害の不快症状が緩和されるくらいの摂取量に止めておけば問題ありません。

ますは他に器質異常がないことを確かめる

更年期障害の症状は全身の至る所で起きますから、まずはホルモン低下以外の病気が無いことを確かめたうえでサプリメントを利用しましょう。
該当する各標榜科で異常がないことを確認してから必要に応じて使ってみましょう。

スポンサーリンク

関連記事