ケンサポ ケンサポ ケンサポ

      2015/10/21

 成分

妊婦に嬉しい葉酸サプリ、いつからいつまで飲めばいいの?

記事入れ268
妊娠を考えている方も、妊娠中の方も葉酸サプリが必要なのはすでに常識になりつつあります。でも、葉酸サプリっていったい何のために必要なのか、どんなタイミングで飲み始めるのか、いつまで飲み続けるのかわからないことがたくさんあります。

そこでここでは妊活中、妊娠中、産後なぜ葉酸を摂取するべきなのか、いつからいつまで飲めばいいのかを簡単にまとめてみました。

葉酸サプリはなぜ必要なの?

葉酸は細胞分裂やDNAの合成にかかわる栄養素です。
お腹の中の赤ちゃんがびっくりするくらいの速度で細胞分裂を繰り返し大きくなる際にたくさん必要としますので、お母さんは普段の3倍から4倍必要と言われています。

しかし、この葉酸は水溶性ビタミンなので体の中にためておくことができません。そして、食品からだけでは十分な量を摂取することは非常に難しいため、葉酸サプリがすすめられているのです。

葉酸サプリはいつから飲み始めるべき?

葉酸サプリが特に妊娠を考えている方にお勧めといわれる理由の一つが、胎児の神経管閉鎖障害、と呼ばれる先天性の異常のリスクを減らせることにあります。
赤ちゃんが脳や脊髄といった神経系の成長に関してスムーズに行えるように助けてくれるのです。
もちろん細胞分裂などにも深くかかわっているので赤ちゃんの健やかな成長に欠かせない栄養素です。

とくにこの神経管閉鎖障害に注目するなら、受胎後1か月ごろには発症すると言われているので、妊娠が分かってからでは遅いということになります。妊娠前1か月くらいから飲み始めるのが理想的です。

しかし、いつ妊娠できるかなんてわかりませんよね。葉酸は体内の粘膜をじょうぶにしてくれる働きもあるので、受胎しやすい状態にしてくれます。ですから、妊娠可能な状態にある方は飲んでおくといいサプリといえます。

葉酸サプリはいつまで飲むべき?

葉酸サプリは女性の健康維持のため、いつまで飲んでもよいのですが、妊娠中のリスクを軽減するという目的では妊娠3か月、12週までは確実に補給を続けたいところです。胎盤を安定させ胎児の発育に不可欠な栄養素となります。

3か月目以降から推奨されている摂取量は少し少なくなりますが、あくまで食事だけで補うのは難しい量なので、サプリと食事の両方から摂取を心がけるとよいでしょう。
出産後授乳中も、お母さんの母乳から赤ちゃんは必要な栄養を吸収していくので、葉酸を摂取していくことは必要です。

妊娠初期ほどの量は必要ありませんが摂取を続けましょう。
断乳後、必要に応じてサプリの摂取をやめ、食事から積極的にとるよう考えてもよいかもしれません。

妊活中の葉酸摂取から得られる効果とは

妊娠前から葉酸を摂取しておくことで、お母さんとなる体を整えてあげることができます。
子宮内の粘膜を強めたり、胎盤を安定させておくことができます。妊娠しやすい体、安心して妊娠することができる体つくりにも葉酸は欠かせません。

そして、胎児に起こりうる以上のリスクを約70%軽減することができるとも考えられています。

妊娠中の葉酸摂取から得られる効果

妊娠中葉酸を摂取することで胎児が細胞分裂を繰り返し、赤血球を作り、DNAを合成していく助けになります。
赤ちゃんの健やかな成長に欠かせません。妊娠中に起こる貧血を予防することができます。

出産後の葉酸摂取から得られる効果

葉酸は粘膜を強くし、細胞分裂を促進してくれるので産後の体の回復を助けてくれます。同時に授乳を通して赤ちゃんに必要な栄養素を送ることができます。

葉酸自体は妊娠出産にかかわりなく、すべての人間が必要としている栄養素ですが、葉酸不足になると、特に妊娠出産にリスクを伴う危険があります。妊娠の可能性がある人はすぐにでも飲み始めるとよいでしょう。

スポンサーリンク

関連記事