ケンサポ ケンサポ ケンサポ

      2015/12/18

 歯周病

歯周病を防ぐ!歯磨きのポイント4つ

歯周病は現代人の歯を失う原因の第一位になっている国民病です。

日本人の約8割がり患しているとされていますが、痛みを伴うことがほとんどないので自分で歯周病に気づくことができないため放置されたまま進行するケースが多いのです。

あなたの奥歯に一度歯間ブラシを通してみて下さい、血が出ませんか?あるいは強烈な臭いを発していませんか?

それはうっ血して汚れてしまった血液が放つ悪臭です。自分では慣れてしまって気づきませんが、話し相手はこれに気づきます。

歯周病は口臭だけでなく、数年間かけて静かに進行し、最終的には歯を脱落させます。

自分の歯を守り、知らないうちに相手に不快な思いをさせる歯周病を防ぐためにも歯周病を防ぐ歯磨きのポイントを押さえましょう。

歯周病の原因は「歯垢」

食べ物のカスが口腔内で熟成して形成されるのがプラークとも呼ばれる「歯垢」です。これは放っておくと「歯石」となり、もはや歯磨きでは取れなくなるので歯垢である間にいかにして除去するかが勝負になってきます。

歯垢の原因菌は口が乾く就寝中にもっとも多く繁殖するため、寝る前の歯磨きは最も重要な歯周病対策になります。

あなたが思うよりも歯の形は複雑でいびつ

歯は磨いているつもりでも実際は磨き残しがあり、虫歯になってしまうことがあります。よく「磨いたのと磨けているのは違う」と言われますが、これは歯の形があなたが思うよりもずっといびつで、しっかり磨くには鏡を見ながら1本1本注視して磨く必要があるからです。

鏡を見ながら丁寧に、ということができていないため、どうしても磨き残しが多くなるのです。

磨き残しを減らすポイント1 奥歯の溝

奥歯は食べ物をすり潰す役割がありますが、その時に食材をキャッチしやすいように歯に窪みがあります。そこに歯ブラシを当てても平面でないため、綺麗に磨けません。歯ブラシの角度を調整しながら1本ずつ丁寧に磨きます。窪みが大きい場合はワンタフトブラシを使うと効果的です。

磨き残しを減らすポイント2 歯と歯の間

ご自分の歯をよく観察して下さい。平面の歯など1本もないでしょう。前歯も奥歯も全て湾曲していたり、球状に近い形をしていると思います。

ブラッシングは歯の表面に直角にブラシを当てないと効果的に汚れを除去できません。平面の板を磨くのは簡単ですが、丸い球を磨くのは時間がかかります。

同じように歯を磨くときは湾曲部に注意して磨く必要があります。特に奥歯は湾曲の度合いが強いので、ブラシを縦にして縦磨きを加えるなどの工夫が必要です。

また歯と歯の間の根元、つまり歯茎との間に空間があると、そこに汚れが溜まります。これは歯ブラシでは物理的に届かないので歯間ブラシを使って汚れを除去しなければいけません。

特に奥歯では汚れが溜まりやすいので、初めて歯間ブラシを通したときにそれを臭ってみると、強い悪臭を放っている場合があります。このような口臭はうっ血して腐敗物がよどんでいるためです。

磨き残しを減らすポイント3 歯周ポケット

歯と歯茎の間の歯周ポケット付近は歯垢が付きやすい箇所です。歯全体を磨くのはもちろんですが、特に歯周ポケットも意識して磨くようにしましょう。

磨き残しを減らすポイント4 前歯の裏側

あなたは前歯の裏側をどうやって磨いていますか?

ここは汚れを落としにくい箇所の一つです。歯ブラシの形状から上手く磨けないことが多いのですが、大抵の方が歯ブラシの先の方で磨いていると思います。

その方法で裏側全体を磨いた後に、最後にブラシの「かかと」の部分で歯周ポケットに軽く押し当てて下さい。こうしないとブラシの先だけでは前歯裏側の歯周ポケットの清掃はできないからです。

スポンサーリンク

関連記事