ケンサポ ケンサポ ケンサポ

      2016/04/14

 老化

アンチエイジング効果のある食べ物は?こまめに食べてお肌イキイキ!

アンチエイジングは女性にとってとても大切な習慣です。

言葉に出すか出さないかは別として、「年相応にみられるのは私の同僚や同級生だけでいいの。私はそれよりも若く見られたいのよ」というのが正直なところではないでしょうか。

実際、アンチエイジングに積極的でない女性は同年代の同性よりもずっと老けて見られます。

そういったことがあるので、「気を付けていないとすぐに老けてしまう」というのがみんな分かっているんですね。

市場もそれを分かっていますから高価な美容液やサプリメントの開発に余念がありません。

でもアンチエイジングというのは、日々の食生活が源になっているものです。

美容液に頼るのも悪くはありませんが、体に取り入れる身の回りの食品の効能を見直して積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。

全身の若返りは血管から。血液を浄化する良い油を

調理には油を使うことが多いと思います。高カロリーになる油はできるだけ避けるという方も多いと思いますが、世の中には血液や血管を汚してしまう悪い油と、血液を浄化して血管を若返らせてくれる良い油が存在するのです。

悪い油は血管内の悪玉コレステロールを増やし、血栓を作って血圧をあげ、動脈硬化や脳梗塞などの血管性の病を招く動物性の油です。バターやラード、牛肉の脂などがあります。

一方、なたね油やごま油などの植物性の油は血管内の悪玉コレステロールを減らしてくれる効果があり、血液を浄化してくれます。

悪玉コレステロールでドロドロになってしまった血液をサラサラにしてくれるので、血液がスムーズに流れて血管の負担を減らし、植物油の抗酸化作用や、それに含まれるビタミンEの作用で血管が強化され若返ります。

必見!健康維持を意識するなら『抗酸化作用』を知らなきゃマズイ!

食物繊維で腸のお掃除

女性は特に便秘持ちの方が多いと思いますが、腸内に宿便が多かったり、数日間排便が無いときなどは顔に吹き出物が出てきますよね。

あれは腸内に溜まった毒素が全身を巡り皮膚症状として顔や背中に吹き出物として現れるのです。

いくら専用の洗顔フォームでケアしても、腐敗した原因物質が体内にある以上根治はできません。

腸内の腐敗物を強力に排除してくれるのが食物繊維です。食物繊維は胃で吸収されずに大腸を通過するので、宿便や腸内の老廃物を絡め取って体外に排出してくれます。

キノコ類やゴボウ、海藻類、果物ではりんごの皮にも多く含まれています。

食物繊維は食事前に取ることで血糖値の上昇を抑え、肥満予防に効果的だということで最近話題ですね。

ビタミン類の抗酸化3大成分

ビタミン類ではビタミンA・C・Eが、体の酸化を防いでアンチエイジング効果があることが有名ですね。

ビタミンAは皮膚の代謝能力を高めてお肌をキレイに保つ作用もあります。食品にはカロテンという形で存在しますが、体内でビタミンAに変換されます。にんじんやほうれんそう、小松菜に豊富です。

ビタミンCはフルーツ全般、野菜にも多く含まれますが、キャベツや小松菜に比較的多く含まれます。

ビタミンEは特に血管系に作用する抗酸化成分でアーモンドなどのナッツ類や植物油に含まれます。アーモンドは適量ならば食前に取ることでダイエット効果もあるので、カロリーを気にせず食べても良いと思います。

忘れてはいけないのがミネラル類

ビタミンなどはその重要性が一般にも認識されていますが、ミネラルはというとビタミンほどの認知度は無いように思います。

しかしミネラルは様々な栄養素が体内に入ってきたときに、それをうまく活用するための潤滑油のような役割を果たし、不足すると全身で悪影響が出るのです。

神経系が狂ってイライラしたり、筋肉をうまく動かうことができなくなったり、ホルモンの分泌異常などを引き起こします。

ミネラルの分の多い海藻類を食卓に取り入れましょう。

老化防止には無理のない運動を取り入れることも大切。
詳しくはコチラをご覧ください。

若返り効果!抗酸化作用のあるサプリってどんなのがある?

スポンサーリンク

関連記事