ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 歯

歯周病にならないために。原因とメカニズムを知ろう

022058
歯周病は国民病とも言われ約8割の人が発病しているにも関わらず、私たち国民側の意識が追い付いていないのが現状です。

歯科医師側では各地の歯科医師会や各クリニック単位での啓発活動を行っており、ホームページなどで解説を見ることができます。

しかしそれでもなお、歯周病の罹患率は下がらず、現在では虫歯を抜いて歯を失う原因の第一位になってしまいました。

国民側の意識が向上しない理由は恐らく歯周病が相当進行して重症にならないと自覚症状がないため自分で気づけないこと。そして昔ながらの「虫歯や歯周病では死なない」という、口腔ケアを軽視する姿勢に原因があるものと思われます。

しかし歯周病の研究が進んだ今では、体全体で悪影響を及ぼし、命に係わる病気を引き起こす要因になることも解明されているのです。

そしてごく初期の段階でも歯周病は口臭という形で警告を発することが多いのですが、それでも歯周病だという認識を持てないでいるのが現状なのです。

自分では気づきにくいこの病の発生原因とメカニズムを知ることで一刻も早く自身の口腔ケアの重要性に気づいていただきたいと思います。

歯周病は感染症

歯周病は簡単に言うと、細菌によって歯茎の下にある骨が溶かされてしまう病気です。

歯茎の中には歯を支えるための歯槽骨という土台になっている骨があるのですが、細菌が出す毒素によって徐々にこの歯槽骨が溶かされていきます。

この時痛みなどがほとんどないため、全く気付かずに病状は進行していきます。

中等度以上位なると歯のぐらつきが出ることがありますがもっと進行すると、土台となる骨が歯を支えられなくなって抜けてしまいます。このくらいになるとやっと膿などが出て痛みを自覚できるようになるのです。

なぜ感染してしまうのか?

歯周病が感染症であるならば、風邪などと同じように予防できないのでしょうか。

残念ながら歯周病菌を完全にお口の中から追い出してしまうことは不可能です。

というのもお口の中には様々な病原菌がひしめいていて、これを完全に除菌することはできないのです。

お口には毎日の食事で栄養が運ばれてくるため、それを栄養源に細菌達が繁殖しています。
彼ら細菌達は歯の表面に歯垢(プラーク)と呼ばれるバリアを形成し、毒素を出して歯を溶かしたり、歯茎を腫らして歯周病を起こしたりします。

このような悪行を働く様々な細菌から形成された細菌群は歯垢となり、歯と歯茎のスキマ(歯周ポケット)に住み着き、そこで毒素を生み出します。すると歯茎は腫れて、歯周ポケットはさらに深くなります。

深くなった部分にも歯周病菌は入り込み毒素を出します。またまたポケットは深くなり・・・

これを繰り返して徐々に深部に侵攻していくのです。

毎日のブラッシングで歯垢を完全に除去できれば良いのですがこれがそう簡単ではありません。専門家の歯科医だって少しずつ歯垢は溜まっていくのです。それほど正確なブラッシングは難しいのです。

取り残された歯垢は、その侵攻途中で歯石化します。

歯石は固い石のようなもので、こうなると歯科医院で専用の機械を使わないと除去できません。

歯石は細菌の住処となって歯周病の侵攻基地の役割を果たします。

歯周病の最終形態

深部に到達した歯周病菌はいよいよ総仕上げとばかりに歯を支える歯槽骨に狙いを定めます。

歯槽骨まで到達した細菌群は徐々に骨を溶かし始め、同時に膿を生産します。膿の一部は歯茎から漏れ出し、強い悪臭を放ちます。

歯本体も、それを支える土台が崩されていくのでぐらつきが大きくなります。

そして支えきれないくらいに歯槽骨が溶かされると歯が抜けてしまうのです。

歯周病にならない為に

歯周病にならない為には毎日の予防をしっかりとすることが大切です。また、定期的に歯科医師に見てもらい、メンテナンスをするのが自分の歯を守る第1歩です。

スポンサーリンク

関連記事