ケンサポ ケンサポ ケンサポ

      2016/04/12

 内臓脂肪

内臓脂肪減らしてポッコリお腹とおさらば!

022055
ダイエットというのは体重を減らすことではなくて体脂肪を減らすことだというのは今や常識になっています。

人間には内臓脂肪と皮下脂肪がありますが、悪さをするのは内臓脂肪の方だと言われています。

皮下脂肪は付きにくく落ちにくい性質があり、人の体に対してあまり悪さはしません。

内臓脂肪の方は落としやすいが付きやすいという性質があり、血圧を上げるホルモンを分泌するなどして体に悪い影響を及ぼします。

ダイエットで体脂肪燃焼を目指す時はこの内臓脂肪を標的に進めていくことになります。

何か特別なことをしなくても、運動で燃焼されるのは皮下脂肪よりも内臓脂肪の方が先に燃焼されます。

摂取カロリー < 消費カロリー の状態を保つことが基本

どんなに運動をしても、摂取するカロリーが消費するカロリーより多ければ痩せることはできません。

年齢や性別によって目安が分かれるので、自分の基礎代謝量が何キロカロリーなのかを知ることから始めることになります。

基礎代謝量というのは何も活動しなくても生命維持に最低限必要なカロリーのことです。

例えば45歳男性、45キロ175センチの人の場合、1591キロカロリーが基礎代謝量です。これに日々の運動をプラスして消費カロリーを計算します。

あとはその数値よりも多くカロリーを摂りすぎないことです。当然摂取カロリー量を減らすだけダイエット効果は高まります。負担の無い範囲で節制しましょう。

また運動やトレーニングをプラスして消費カロリーをできるだけ多くしましょう。

内臓脂肪の燃焼には有酸素運動

脂肪燃焼効果の高い運動はジョギングやエアロバイクなどの有酸素運動です。

これは最低でも20分以上、できるなら可能なだけ長い時間行うことで内臓脂肪の燃焼量が増えます。

あまり早く走ったりエアロバイクのペダルの強度を上げ過ぎてしまうと効果的な有酸素運動になりません。

強すぎる負荷は心拍数を上げ過ぎてしまい、脂肪燃焼に丁度良い負荷を通り越してしまいます。

大体、日常会話が難なくできる程度の負荷が一番燃焼効率が良いとされています。
案外あまり辛くない程度ですので、これをできるだけ長く行うことが有効です。

エアロバイクのペダルの重さを上げ過ぎてしまうと、今度は筋力トレーニングになってしまうので注意が必要です。

足にかかる負荷がキツく、投げ出してしまいたくなるようならそれは強すぎです。
強度を弱めて、その代りできるだけ長く行いましょう。

有酸素運動の前に短時間の筋トレも有効

脂肪燃焼効果が有酸素運動よりも低い筋トレなどの無酸素運動も、組み合わせることによって有効になります。

有酸素運動を始める前に20分ほどの短時間で結構ですから行えば、血液中の消化しやすいエネルギー源を消費しておくことができます。

するとその後の有酸素運動では、血液中のエネルギーが無いために代替のエネルギー源を調達しなくてはなりません。

そのときこそ内臓脂肪が消費される瞬間なのです。

エネルギー枯渇状態では、ヒトは体内に溜まった脂肪を分解して遊離脂肪酸として血液中に放出します。

これをエネルギー源として運動することで徐々に体脂肪を減らしていくことができるのです。

このとき、遊離脂肪酸を上手くエネルギーとして使うことができるのはやはり無酸素運動よりも有酸素運動なのです。

瞬発力を必要とする無酸素運動では遊離脂肪酸は上手く消化できないのです。

負荷の弱い有酸素運動をできるだけ長時間かけて行うことで、内臓脂肪の分解を続け、血液中に形を変えて溶かし出してやることができるというわけです。

運動前の注意

カロリーバランスを考えるのは重要ですが、運動前には100キロカロリーほど摂取してきましょう。

低栄養では十分な運動ができませんし、わずかに取り入れたカロリーが脂肪燃焼の着火剤になってくれるので燃焼が早まるためです。

内臓脂肪を減らす食事方法について詳しくはコチラをご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事