ケンサポ ケンサポ ケンサポ

      2016/03/16

 便秘

乳酸菌の効果って?便秘解消以外にもこんな効果が

乳酸菌の効果と聞いてあなたは何をイメージするでしょうか。

一般には整腸作用があるといえば納得する方が多いと思います。

便秘解消は乳酸菌パワーの一つに過ぎませんが、その他にもたくさんの有用効果を持っているのです。

整腸作用って具体的にどんな作用?

まず、整腸作用というのはなにも便秘解消だけではありません。

下痢体質の方にも効果てきめんなんです。

その理由は乳酸菌は便秘薬と違って硬い便に水分を与えて柔らかくするなどの薬効ではなく、便秘症でも下痢症でも、正常ではない状態を正常に近づけるという作用があるからです。

悪玉菌を減らして善玉菌有利の勢力図を作れば、腸壁が綺麗になり、悪いガスや不純物が生産されなくなるので、健康な蠕動運動が戻り下痢も便秘も解消するのです。

実際、私が便秘症の人と、家族で下痢症の人に整腸剤を勧めたらどちらも1か月で改善し喜んでおられました。

この善玉菌パワーは食中毒の際にも強力な味方になってくれます。

食あたりで医者にかかった時に出されるお薬の中にはほぼ必ず整腸剤が処方されています。

食中毒菌によって不正常な状態に陥った腸内で善玉菌が食中毒菌と戦ってくれるのです。

このように腸の感染症対策にとても有効で、感染症を起こす前に普段から摂取していることで知らず知らずのうちに腸にバリアを形成することができるのです。

乳酸菌の美肌効果

乳酸菌の整腸作用は腸内をクリーンにしてくれます。

不純物が腸内に溜まっていくと悪いガスなどが発生してオナラが臭くなったりします。

便秘気味の人はオナラが臭くなるだけではなく、顔に吹き出物が多く出ることはありませんか?

これは腸内で悪玉菌により生成された有害物質やガスが腸壁の血管から全身へ流れ出るためです。

いくら顔のスキンケアをしても、汚れた腸内から汚物が流れてくる状態では改善しません。

乳酸菌サプリと一緒に繊維質の食品も摂って、腸内環境をクリーンにすればお肌のトラブルも改善できます。

乳酸菌の免疫力向上効果

乳酸菌は人間の免疫力も向上させる力があります。

腸に届いた乳酸菌はヒトの免疫細胞を刺激し、その戦闘能力を高めてくれるといいます。

ヒトの免疫力は年齢と共に低下してしまうので、何も手を打たずにいては感染症にかかりやすくなってしまいます。

高齢者は若い人では心配のない肺炎などでも重症化して死亡してしまうケースが多くあります。

こういったリスクの高い人は普段から乳酸菌を取り入れて、免疫力を保っておかなければなりません。

若い人でも病気にはかかりたくないのは当たり前。誰がどんな菌を持っているか分からない社会で生活するためには自身の防御力を高めておくしかありません。

乳酸菌のコレステロール予防効果

コレステロールは高脂血症などの原因となる物質で、増えすぎると動脈硬化を引き起こします。

これが進むと最悪心筋梗塞や脳梗塞で命を落としてしまうことになりかねません。

近年の食の欧米化により肉類などの摂取が増えて高コレステロール症になる方がかなり増えています。

乳酸菌はなんとこの高コレステロール症も予防・改善してくれる効果があるのです。

食事から腸内に入ったコレステロース成分が乳酸菌に吸着され、体外に排出してくれるというのです。

この作用で面白いのは、多すぎるコレステロール分だけを排出するが、必要分は残すということ。

コレステロールは少なすぎてもいけない物質なので、全てを取り去られては体に害になります。

しかし乳酸菌はそのことを分かっているのか、必要分だけはしっかりと残してくれるんですね。

コレステロール予防には普段の食事に食物繊維の多い食品をとり、食後にヨーグルトや乳酸菌サプリを摂ってやると効果的です。

コレステロールが気になる方はコチラもあわせてご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事