ケンサポ ケンサポ ケンサポ

      2016/02/08

 食事

黒酢にんにくの効果って?黒酢・にんにくの効果良いトコ取り!

02b0bb000ebea293274226917b2d12c2_m
にんにくは古来から健康増進やパワーアップの食材として用いられてきました。

一般の人だけでなくスポーツ選手も愛用しています。
一方黒酢は近年その健康効果が研究され製品化されることになりました。

この二つの健康成分は共に人気を集め、市場効果も大きいことから両者を掛け合わせればより高い健康効果を得られる食品として国民の健康増進に貢献できるのではないかと考え、各社こぞって研究開発に乗り出したという経緯があります。

それではその人気の健康成分である黒酢とにんにく、それぞれどのような有用効能を持っているのでしょうか。

黒酢の健康効果

黒酢は一般の食酢に比べて、より多くの健康成分を含んでおり、その効能も強化されています。

血圧低下作用

お酢の効能に血圧低下作用があります。人体の中で血圧を上昇させる働きを持つのがアンジオテンシンという成分ですが、お酢はこれに作用して血圧上昇効果を阻害することが解明されました。

特に黒酢はその効果が一般の食酢に比べて高い効果を持っており、血圧で悩む中高年層に人気があります。

血液サラサラ効果

黒酢は一般の食酢に比べて非常に豊富なアミノ酸を含有しています。これが血管内のコレステロールを除去し、血栓を予防してくれます。

血栓は放っておくと次第に大きくなり血管を詰まらせる原因になります。心臓や脳でこれが起こると即命に係わる重大な病気に繋がります。

そのため健康診断で血液の粘度が高いと言われた方にも黒酢は人気があります。

美肌効果

黒酢に豊富に含まれるアミノ酸類は体内でコラーゲンを生成する際の原料になります。

またアミノ酸の一種システインはメラニン色素が肌に沈着するのを防いでくれるので直接的な美肌効果があります。

ダイエット効果

近年の研究で明らかになったのがアミノ酸によるダイエット効果です。アミノ酸の中でも特に有効なのがバリン、ロイシン、イソロイシンという3つの成分です。これらは運動時に体脂肪を燃えやすいようにしてくれるので、運動前に摂取することで脂肪燃焼効果が高まりダイエットに非常に有効だということが分かりました。

特にジョギングなど持久系の運動の前に摂取することがおススメです。

にんにくの健康効果

特筆すべきはアリシンの健康効果

にんにくに含まれる成分の中でも特に有効な健康成分にアリシンという成分があります。

これは強い抗酸化作用によりがん予防、殺菌作用による病原菌の殺菌効果があり、生ものを食す際に薬味として用いられることもあります。

アリシンには滋養強壮、疲労回復の効果もあり、古代ではスタミナ増強や労働力の維持効果を狙って肉体労働者に食べさせたという記録もあるようです。

アリシンはビタミンB1の体内への吸収率を高める効果もあります。ビタミンB1は人体のエネルギー生産に欠かせない栄養素で不足すると元気が出ない疲労感が残るなど活動力が落ちてしまいます。

このアリシンは独特の臭いを発するため、「にんにく臭」を嫌って敬遠する人もいますが、サプリメントなどに加工された製品は臭いがかなり軽減されているので人気商品になっています。

食欲増進作用

にんにくは独特の味と食感でヒトの食欲を増進させる効果があります。肉体疲労時に使用することで食事量を増やし、栄養の補給を促進する効果があります。

また、生理学的に胃粘膜を刺激して胃液の分泌を促し、消化力を高めます。

黒酢にんにくは人気の成分を掛け合わせた優良健康食品

黒酢は健康効果も高いですが歯を溶かし易いとか、味の問題で飲用しにくい面もあります。
にんにくは臭いの問題で敬遠されることがあります。

しかしサプリメントであればそれらの問題を一気に解決できることから、ドラッグストアなどで人気の商品になっています。
手軽に健康効果を得たい人は覗いてみては如何でしょうか。
併せて「黒酢にんにくサプリランキング」もご覧ください。

スポンサーリンク

prBox_img

関連記事