ケンサポ ケンサポ ケンサポ

      2016/02/08

 食事

ごまって栄養があるっていうけど…どんな効果がるの?

ごまは1粒1粒はごく小さいものですが、その中には数多くの栄養素と健康成分がぎっしり詰まっています。

古代の中東諸国ではごま一粒と家畜を交換したなんて話もありますね。

ごまに含まれる栄養素はビタミンA・E・K・B1・B2・B6、ナイアシン、葉酸、パントテン酸、ビオチンなどの各種ビタミンの他、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、マンガン、セレン、クロム、モリブデンなどのミネラル類も豊富です。

それだけでなくダイエット効果や疲労回復効果のあるアミノ酸類もたっぷりです。

イソロイシン、ロイシン、リジン、含流アミノ酸、芳香族アミノ酸、スレオニン、トリプトファン、バリン、ヒスチジン、アルギニン、アラニン、アスパラ銀酸、グルタミン酸、グリシン、プロリン、セリンetc

まさに総合ビタミン&ミネラル剤にようなものです。古代の世界で珍重されたのもうなずけます。

医学が発展した現代でもごまの立場は変わらず、健康効果があるとして利用されていますが、具体的にはどんな恩恵を我々は受けられるのでしょうか。

特筆すべき成分セサミンの恩恵

ごまにはセサミンという食物繊維の仲間が含まれています。名前を聞いたことがある人は多いと思いますが、これがものすごい効能を持っています。

セサミンは強い抗酸化力を持っていて、人間の酸化を防いでくれます。人間の酸化というのはつまり老化のことです。そして発がん性の高い活性酸素を除去して体や内臓を守ってくれる働きがあります。

同じ抗酸化成分には例えばビタミンCがありますが、これは血液中で効果を発揮してくれますが、肝臓では働くことができません。肝臓はアルコールの代謝や有害物質の解毒などをしてくれますが、その際にやはり活性酸素を生んでしまいます。そのダメージをセサミンは強力に低減してくれます。

セサミンは体全体で働くので美容効果、アンチエイジング効果などその恩恵は計り知れません。

ビタミンEによる血管若返り効果

ごまにはビタミンEが豊富に含まれます。これは血液中の悪玉コレステロールを除去して血液をサラサラにしてくれます。ドロドロ血液の状態では血管に負担がかかり動脈硬化などを引き起こします。

高齢者の方が脳梗塞や心筋梗塞で倒れるのはこのように血液の質が悪く、血管がボロボロになってしまったためです。ビタミンEは血液を綺麗にし、血管を若返らせてくれます。

ごまにはカルシウムと鉄分も豊富

日本人に不足しがちと言われるカルシウムと鉄分も多く含んでいます。

カルシウムは骨を丈夫にし、骨粗しょう症を予防し、精神面でもイライラの防止に役立ちます。

特に女性に多い鉄分不足の改善にもごまは非常に有効です。鉄不足は貧血を引き起こしますし、男性でも慢性的に不足すると全身の倦怠感などの症状が現れます。

これらの恩恵を得るにはすりつぶして食すべし

ごまにはこのように人間にとって様々な恩恵を得られる成分が詰まっていますが、その表目を見てみると、固い殻に覆われているのが分かりますね。

そのまま食べてしまうと、その殻のせいで栄養を吸収できず、そのまま排泄されてしまうことになります。

そのためすり鉢などでよくすりつぶしてから食べることによって、有効成分を余すことなく吸収することができます。

すり鉢などないという方は手のひらでグリグリとすりつぶすだけでも効果がありますのでやってみて下さい。

あらかじめすりごま状にして販売されている製品もありますが、かなり細かく粉状にされているので食感が滑らかすぎるという場合もあります。

自分ですると適度な食感と香りが残るので食事の際のアクセントにもなりますね。

毎日の食事で、効率的に摂取するにはサプリメントがおすすめです。
「セサミンサプリ ランキング」も併せてご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事