ケンサポ ケンサポ ケンサポ

      2016/05/16

 眼精疲労

最近、目の疲れが気になる!どうすればいいの?目の疲れを解消する3つの方法

最近、目の疲れが気になる!どうすればいいの?

テレビ、パソコン、スマートフォンは現代人には欠かせないものとなりつつあります。
これらの普及は私たちの生活を便利にしてくれますが、長時間の使用によるダメージも少なくありません。
同じ画面を長時間見た後は目の疲れを感じる人も多いでしょう。

このような眼精疲労を訴える人は増えています。
そこでこのような眼精疲労を解消してくれるリフレッシュ方法をご紹介します。

蒸しタオルで目を温めて

まず1つ目ですが目のあたりを温めます。
蒸しタオルを目を覆うようにしてかぶせます。
じんわりあったまってきて気持ちがよいと思います。

また、温めることと冷やすことを繰り返すと循環がよくなるので交互に行うのも良いでしょう。
温めるだけでも十分効果はあると思います。
濡らしたタオルをレンジで温めれば簡単に蒸しタオルはつくれます。

目のマッサージでリフレッシュ

2つ目は目の周りのマッサージ。
こめかみのあたりを痛気持ちい程度に指でプッシュしてみましょう。
強く押せばいいものでもないので適度な力加減で行います。

うなじのマッサージ

そして3つ目はうなじのあたりをマッサージです。
目のつぼがあるので、こめかみ同様適度な力で押してみましょう。
ご自分に合った方法をぜひ試してみてください。

目の疲れに効くツボについて詳しくはコチラをご覧ください。

目の疲れを解消する3つのポイント

IT時代へと突入してからというもの、われわれを取り巻く環境は大きく様変わりしてきました。
オフィスは、パソコンが当たり前のように使われて、日常生活においてもパソコンやスマートフォンなどで目の疲れを招くようになりました。
眼精疲労は、肩の凝りや腰の痛みなどと同様に日常的に悩ませています。

この問題については、厚生労働省もガイドラインを作成するなど、早期の対策が求められています。
眼精疲労を解消するためには、様々なケア商品が販売されていますが目の疲れを解消するいくつかの方法があります。
即効性を求めるのならば、目薬が一番効果的です。目をケアする成分が含まれているために気分的にも機能的にも良いです。

また、視力にはピントを合わせたりするときに使う筋肉を酷使しているので、マッサージやサプリメントをとることもその方法の一つ。
近くの画面を見ることによりつ疲れを発生させるため、その対策として人間がリラックスできる自然を見ることも解消法の一つです。

目の疲れを放置すると深刻な眼精疲労に…

眼精疲労は目の疲れがさらに悪化した状態で、疲労感のほか、頭痛・吐き気や肩こりなどを伴う深刻な状態です。
眼精疲労は放っておくと脳神経の興奮状態から片頭痛へ移行することもあるので早めの対処が必要です。

目の疲れが眼精疲労にまで深刻化してしまった場合、解消するにはいくつか方法があります。
まずは疲れをとることです。

疲れといっても状態は様々ですが、まずは目の周囲をゆっくり温めましょう。
目の周囲はデリケートなのであまりに熱いものは避けます。お湯で絞ったタオルを乗せて目をつぶって休むのがお手軽です。

温めて心地よく感じる場合は目の周囲が緊張して血流が滞っている証です。
頭痛が起きている場合、まず温めてみて心地よければ温め、不快であればすぐに首元とこめかみを冷やします。

これは首周辺のコリと緊張からくる緊張性頭痛の場合は温めることが重要で、反対に神経が興奮している片頭痛の場合は温めると悪化するので冷やします。
次に顔や首、肩の筋肉をほぐします。

自覚はなくても肩が凝っている場合がありますので、肩、出来れば背中や脇の筋肉までゆっくり大きく動かしてストレッチをします。
ただし片頭痛の場合は逆効果ですのですぐに横になって休みましょう。

最後に栄養補給です。
目を使うと同時に脳も使いますが、脳は大量の糖分を使うので飴などの純粋な糖分を補給します。
吐き気がする場合は低血糖や片頭痛の一歩手前なので糖を補給後、すぐ寝ましょう。

目の疲れを解消するには些細なことをコツコツと

眼精疲労のパターンは色々とありますが、ショボショボする疲れは感じやすい症状の一つです。
こうした目のかすみや乾燥などの眼精疲労は、特に長い時間パソコンやテレビを見入ることや細かい活字を追うような作業をしている時によく見られ、これは目の血管が血行不良になることにより起こる合図ですので、目の疲れを感じたらこまめに解消していくようにしていきましょう。

デスクワークの最中などであっても、簡単にできる解消方法としては、時々遠くを見るようにしたり、姿勢に注意するということです。
また、眼球を動かす体操も効果があります。

家にいる時であれば、熱いお湯で絞った蒸しタオルで目を覆うようにしてパックすると、目の周りの血行が改善されるので、目の疲れの解消に効果があります。
しかし、充血している場合は冷たい水で絞ったタオルをあてて冷やす方が効果的です。

眼精疲労の症状によっては、だるさ・不眠・頭痛・肩こりを引き起こすものもあります。
慢性疲労、睡眠不足などのストレスの原因となるものは自律神経の乱れを招きますので、それにより起こる症状の中に目の疲れもあげられます。
日常生活の中で適度に発散できるものを見つけ実行していくことも重要なポイントです。

眼精疲労にはブルーベリーが効果的!
あなたも目の健康を見直してみませんか?
ブルーベリーサプリランキング」も併せてご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事