ケンサポ ケンサポ ケンサポ

      2016/02/08

 眼精疲労

あなたの頭痛、実は眼精疲労が原因かも!?本当は恐い眼精疲労

眼精疲労って何?

生活の中で頭痛を感じる人は、けっこう多いです。
疲れやストレスなど様々な原因が考えられますが、いつも起こる症状だと慣れてしまうものです。

しかし、その頭痛は疲れという単純なものではない可能性もありますので注意したいです。
あまりにも症状が続く場合は、眼精疲労を疑ってみることが大切です。

通常目の疲れは、休憩したり眠ったりすれば簡単に回復します。
しかし眼精疲労は、これだけでは治らず、つねに目の不快感を感じることになるのです。
そして、目が痛い、目がかすむといった症状に加え、頭痛も伴うことが増えてくるのです。

このような症状は、パソコンなどを長時間使用したり、目の病気を患っていたりすると起こりやすいです。
改善させるには、適切な治療を受ける必要がありますので、あまりにも症状が続くようなら、眼科を受診することもよい方法です。

ガマンしていると、その不快感がストレスとなるばかりか、それ以外の不調も起こりやすくなってしまいます。
これでは生活に支障をきたすことにもなりかねませんので、気になるときは早期に対策法を考えることが重要です。

眼精疲労が肩こりや頭痛を引き起こす、そのメカニズムって?

近ごろでは、パソコンやスマートフォンの画面を一日に長時間見続けてインターネットや携帯小説、ゲームなどを楽しんでいる人が非常に増加してきています。
画面を見るために目を酷使することによって、眼精疲労を生じやすくなるのです。眼精疲労が深刻になると、肩こりや頭痛、めまいや吐き気など辛い症状をを引き起こしてしまいます。

そのメカニズムとしては、同じものを見続けると、目のピントを合わせる筋肉が緊張したまま固定されてしまいます。
目の回りの筋肉が緊張することによって、その周辺にある顔や頭の緊張につながり、血行が悪くなってしまうのです。さらに、目を使うことはかなりの情報量を脳に送り続けることを意味しますので、脳の疲労や精神的な疲労につながるといえます。

脳が疲労することで、自律神経が乱れて、頭痛や不眠、肩こりなどのさまざまな症状が引き起こされるのです。
眼精疲労を和らげて改善するためには、ゆっくりと目を休めて冷やしたタオルや蒸しタオルで目元を冷やしたり暖めたりすることが効果的です。

眼精疲労かも…そう思った時の対処法

頭痛が気になるときの原因として考えられる一つに眼精疲労があります。これは目を酷使する事で目の筋肉が凝り固まってしまい、血行が悪くなることで首筋や肩周りが強張って頭痛が引き起こされるというものです。

①ストレッチをする

おすすめはストレッチです。
肩回しなどをするのはもちろん、眼精疲労を解消するために目をぐるぐると回したり、上下左右にゆっくりと動かしたりして目の周りの筋肉をほぐしてあげましょう。
特に一点ばかりを見続けるパソコンやスマホを長時間使用しているときは注意が必要です。

自宅でも職場でも気軽に行えるおすすめの対処法でしょう。

②目を暖める

もう一つのおすすめの対処法は温めることです。
ホットタオルや市販アイテムを活用して目の周りや首筋などを温めてあげることで血行が促進し、眼精疲労を解消して頭痛を緩和する効果が期待できます。少し熱いかなと思うくらいの温度で行うと気持ちよさを感じるでしょう。

眼精疲労を予防することで頭痛の予防にも繋がる

現代人で眼精疲労を訴える人はとても多く、この原因は様々ではありますが、仕事で毎日パソコンに向かっていたり、今や現代人の必需品となっているスマートフォンの操作、姿勢の悪さが原因とされています。

パソコンやスマートフォンの画面を見続けると、疲れ目の原因となりそれに伴って肩こり、腰痛にも繋がります。
また、眼精疲労は頭痛の原因にもなるので、できるだけ目が疲れないように予防することが大切です。
眼精疲労を予防するには、正しい姿勢を心がけたり、パソコンやスマートフォンを長時間見続けないようにする、目に良いとされるシジミやブルーベリーを摂取するようにすることが効果的です。

あまりにも眼精疲労が酷すぎる際は、眼科で診察をしてもらうのも良いでしょう。
眼精疲労を和らげるには、蒸しタオルを目の上に乗せてみたり、目の周りを優しく指で押してマッサージをしたり、軽い体操も良いです。
軽い体操は、仕事の合間にしたりすると血行が良くなるため、肩こりの予防にもなります。

眼精疲労にはブルーベリーが効果的!
あなたも目の健康を見直してみませんか?
ブルーベリーサプリランキング」も併せてご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事