ケンサポ ケンサポ ケンサポ

      2016/02/08

 眼精疲労

視力回復に効果的な食べ物って?食べるだけの簡単回復法

視力低下が止まらない!まずは食べ物の改善から

近年パソコンやスマートフォンが広く普及し、眼精疲労を感じる方が増えています。まずは、食べ物を見直して体の中から目の疲れを癒しましょう。眼精疲労に効く食べ物と言えばブルーベリーを真っ先にあげる方も多いと思います。ブルーベリーが目にいいのは、アントシアニンと呼ばれるポリフェノールが目の網膜に栄養を運ぶ毛細血管の働きを促すためです。

しかし、眼精疲労に効果のある食べ物はブルーベリーだけではないのです。そこで注目したいのは、ビタミンAです。ビタミンAは網膜を潤し、健康に保つために必須のビタミンで、レバー、うなぎ、アナゴ、卵黄、緑黄色野菜に多く含まれます。
その他には眼精疲労や視力回復に効果のあるビタミンB1やB2も欠かせない栄養素です。
ビタミンB1は豚肉、玄米、うなぎ、ニンニクなど、ビタミンB2は卵、納豆、牛乳、ほうれん草、レバーなどに含まれます。
目の充血が気になる方はビタミンCも意識するとよいでしょう。炭水化物ばかりに偏らず、彩り豊かな食事を摂るようにし、体の内側から視力回復を目指しましょう。

視力を回復する食べ物の代表はブルーベリー

ブルーベリーは、眼精疲労や視力回復する食べ物の代表です。ブルーベリーが眼精疲労などの目に効果があるとされているのは、アントシアニンが含まれているからです。ポリフェノールの一種であるアントシアニンは、植物が紫外線から実を守る成分です。

また、視覚情報を使えるタンパク質であるロドプシンの再合成の活性化も期待できます。そのため、目を酷使したあとに食べることで、その疲れを軽減してくれるとされています。

アントシアニンには、暗いところで目がよく見えるようになる効果も期待できます。
年をとると夜目が見えにくくなることがあります。ブルーベリーを食べることで、一時的ですが、暗いところでも目が見えるようになる効果が期待できます。

ただし、一度摂取しても効果は持続しないため、継続的に摂取するように心がける必要があります。
ジャムや果実入りのお菓子、ジュースなどで工夫しながら摂取します。最近では、サプリメントもあるため、手軽に摂取することができます。

視力回復の為に食べ過ぎてはいけない食べ物にも注意

眼精疲労を改善したいと考えたら、視力回復に効果のある栄養素の摂取を考える人は多いでしょう。
その代表は、ブルーベリー等に含まれている、アントシアニンです。

ただ、本当に眼精疲労を改善させたいと考える場合、目に良い成分の摂取を考えるだけでなく、目に良くない食べ物の過剰摂取を防ぐ事も大切です。その代表が、白砂糖です。

白砂糖は、血液をドロドロにしてしまう為、過剰摂取すると、血流が悪くなり、毛細血管まで栄養素が上手く行き届かない状態になってしまいます。
それにより、目の疲れが改善しにくい状態になってしまいます。
ですから、眼精疲労を感じ、その状態を改善したいと考えた場合、白砂糖の摂取を減らす事を意識する事が大切です。
白砂糖その物を摂取していなくても、お菓子やジュース、料理等、様々な食べ物の中に含まれています。
ですから、目の事を考えたら、ジュースや甘いお菓子を控える等、甘い食べ物、飲み物の摂取を減らしていく事がお勧めです。

毎日少しの努力で視力回復を目指そう!

視力を回復させるには目の周りの血行を良くしたり、視神経の働きを活発にさせたり角膜や網膜の疲れを回復させる事が大切です。
目に良い食べ物として最も有名なのがブルーベリーです。

ブルーベリーに含まれているポリフェノールの一種であるアントシアニンは、網膜の中のロドプシンというたんぱく質を再合成させる働きをするので、眼精疲労を治し視力回復に役立つのです。

ブルーベリーのの他にもアントシアニンを豊富に含んでいる食べ物としては黒豆や赤ワイン、紫玉ねぎや紫芋などがあげられます。毎日の食事に取り入れるよう心がけることで視力回復につながります。

その他にも視力回復に役立つ栄養素としてあげられるのがビタミンAです。
角膜や網膜の働きを助け乾燥を防ぐ働きをします。ビタミンAもロドプシンの素材になるので眼精疲労を早く回復させる効果があります。
ビタミンAを多く含む食べ物としてはウナギや小松菜、ほうれん草などがあります。

またゴマや豚肉、枝豆に多く含まれているビタミンBは、視神経の働きを活発にします。これらの栄養素を組み合わせて取り入れることが大切です。

あなたも目の健康を見直してみませんか?
ブルーベリーサプリランキング」も併せてご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事