ケンサポ ケンサポ ケンサポ

      2016/02/08

 食事

ブルーベリーって眼精疲労や疲れ目に本当に効くの?

眼精疲労に効くサプリと言えばブルーベリーが有名

眼精疲労、つまり目の疲れを和らげる作用を含めた食品やサプリメントには、何が使われているとイメージされるでしょうか。

最近、よく話題に上るのは、ブルーベリーです。

なぜ眼精疲労の対策にブルーベリーが役立つのか。

それは、アントシアニンと呼ばれる成分が多く含まれているからです。

元来、アントシアニンとは、病の原因になり得る活性酸素の増殖を抑制し、また、毛細血管の働きを保護・活性化させ、血流を良くする働きがあることで知られていますが、近年の研究では、眼球に対してもメリットがあることがわかりました。

もちろん、目の疲れを緩和・抑制するものですが、軽く説明すると、ロドプシンというタンパク質が網膜に当たった光によって光合成を行うと、目の疲れに効果的なアミノ酸やビタミンを発生させますが、アントシアニンは光合成の回数を増やすようにサポートしますので、結果的にアミノ酸やビタミンの量が増えるため、眼精疲労によく効くといわれるわけです。

ブルーベリーの入った食品は近年、よく見かけるようになりました。

目の疲れが気になる方は、試してみるといかがでしょうか。

ブルーベリーって本当に眼精疲労に効くの?

ブルーベリーは近年における代表的な健康食品として高い支持を得ているもので、デスクワーク業務の長期化や携帯端末の普及に伴い、眼精疲労の改善と視力低下防止の対策用途に用いられます。

しかし、医学的な情報としては視力回復に対する直接的な効力は認められておらず、ブルーベリーに含まれるアントシアニン単独で視力の回復を狙うのは困難とされています。

一方で眼精疲労や疲れ目に対しての効果は期待できるとされていますが、アントシアニンは抗酸化作用と全身の疲労回復に作用するものの、目に対してピンポイントに効果を発揮する保証はなく、他の成分との組み合わせが重要になってきます。

このような理由から、疲れ目対策の健康食品としてブルーベリー保有の製品を選択する際は注意が必要で、アスタキサンチンやルティンなど目やその周りの筋肉へ有効な成分と組み合わさっている製品を選んでおくと眼精疲労対策としての効果を見込めます。

また、健康食品は医薬品のように確実な効果を保証するものではない為、優れた製品であっても効き目に個人差が生じてしまう事を理解して活用するべきです。

実はアントシアニンがブルーベリーより多く含まれるビルベリー

眼精疲労によい食品と言えば、ブルーベリーが有名です。

アントシアニンが豊富に含まれ、これが目に良いとされていますが、アントシアニンが含まれる食品は他にもいろいろあります。

中でもビルベリーは、アントシアニンが4倍ほどにもなり、ブルーベリーよりも眼精疲労に良いことが最近分かっています。

ビルベリーは果肉まで紫色で、アントシアニンの含有量が豊富なことが一目でわかります。

非常に体に良い食品ですが、残念ながらとても腐りやすいものであるため、中々生の物を手に入れることはできません。

その為、一般的にはジャムやジュースなどに加工されて食べられていることが多いものです。

その為、日本ではなかなか手に入ることが無いものでしたが、最近ではサプリメントの材料などとして多く使用されており、非常になじみ深いものとなっています。

広くはおなじ科目の植物であることもあり、ブルーベリーのサプリと言われているものの多くは、このビルベリーのエキスが使われています。

眼精疲労回復にはビルベリーサプリ

眼精疲労に効果のある食品と言えばブルーベリーが挙げられますが、なぜブルーベリーが目に良いのでしょうか。

それは成分に含まれるアントシアニンに関係があり、視神経細胞の新陳代謝を活性化させる効果があると言われているからです。

網膜の機能性低下や白内障などの目の疾患を予防する効果も期待でき、ビタミンEと同様の強力な抗酸化作用で、細胞の老化を防ぎます。

このように目に良い食品のブルーベリーですが、実はある種のベリー類の総称でもあり、その中でもアントシアニンを多く含んでいるのがビルベリーと呼ばれる種類で、サプリなどに活用されています。

網膜で光を感じ取るにはロドプシンという成分が必要ですが、長時間目を使っていると体内での生成が追い付かなくなり、疲労や目のかすみを引き起こします。

ビルベリーはロドプシンが再合成するのをサポートし、摂取した24時間効果が継続されます。

サプリで摂取する場合は、一日の摂取量にアントシアニンの量が30mgから60mg程度含まれている物が理想的です。

あなたも目の健康を見直してみませんか?
ブルーベリーサプリランキング」も併せてご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事