ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 老化

なぜ風邪を引くと関節が痛くなるの?風邪による関節痛の原因とは?

風邪を引くと咳・鼻水などの様々な症状が現れますが、関節痛が起こることもあります。
なぜ、一見風邪の症状と関係のなさそうな関節に、痛みが現れるのでしょうか?
今回は、風邪によって関節痛が起こる原因と、その対処法についてご紹介します。

風邪で関節痛が起こる原因

風邪を引いて具合が悪くなると、関節が痛くなることがありますよね。
関節痛の原因は、主にPGE2(プロスタグランジンE2)という体内で分泌される物質によるものです。
このPGE2という物質には、発熱を促す働きのほかに、関節に痛みを起こす作用もあります。

風邪を引くと、風邪を治すための物質サイトカインとPGE2が同時に分泌されます。
つまり、風邪を引いたときに関節が痛くなるのは、PGE2の働きによるものなのです。

わざわざPGE2(関節痛の原因)を分泌するのはナゼ?

では、なぜ私たちの身体は、関節痛の原因となるPGE2をわざわざ分泌するのでしょうか?
その理由は、PGE2とセットで分泌されるサイトカインという物質にあります。

サイトカインは、風邪のウイルスが体内に侵入したときに、免疫細胞から生まれる物質です。
このサイトカインは風邪のウイルスから身体を守るために生まれる物質なのですが、過剰に分泌されると臓器の機能不全など身体に悪影響を与えることもあります。
そこで、サイトカインが過剰に生成されるのを防ぐために、PGE2が一緒に分泌されるのです。

つまり、風邪を引いたときに関節痛が起こるのは、身体が風邪と闘っているサインとも言えます。

風邪による関節痛を和らげるには

風邪による関節痛が正常な免疫反応だとしても、関節が痛いのはやっぱり辛いですよね。
関節痛を和らげるには、一体どうしたら良いのでしょうか?

ゆっくり休養する

関節痛の原因は風邪によるものですので、基本的に風邪が治れば関節痛も治まります。
関節痛は身体が風邪のウイルスと闘っている証拠なので、無理に痛みを止めないほうがいいでしょう。
休養をゆっくりと取って、まずは風邪を治すことを第一に考えてください。

鎮痛剤を服用する

どうしても関節痛が辛いときは、鎮痛剤を服用することも考えましょう。
風邪薬には鎮痛作用のあるものも多いので、まずは風邪薬を飲んでみて様子を見るのもいいかもしれません。

最後に

体調が悪くて関節が痛いときは、もしかすると風邪以外の他の病気にかかっている可能性も考えられます。
風邪ではなく、インフルエンザや膠原病(こうげんびょう)などの、重い病気が隠れているかもしれません。
体調不良と関節痛が重なったときは、大事をとって病院で一度検査を受けてみることをお勧めします。

スポンサーリンク

関連記事