ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 病気

口の中が広がる酸っぱい液体…不快な呑酸の原因や対策法は?

食べ過ぎたり飲みすぎたりした後に口の中に酸っぱい液体が上がってきて気持ち悪くなった経験はありませんか?
その症状は呑酸(どんさん)といって、長く続く場合はなんらかの病気になっている可能性もあります。
今回は呑酸の原因や対策法についてまとめました。

呑酸とは?

呑酸とは口の中に酸っぱい液体が上がってくる症状のことです。
口の中に酸っぱさが広がるため、口臭がきつくなりますし、気持ち悪くなって吐き気を催す人もいます。
また、呑酸の影響で、思うように眠れなくなったり、食べたいものが食べられなくなったりして日常生活に支障をきたすこともあります。

胸やけとの違いは?

呑酸と似たものに胸やけがありますが、どちらも胃酸が逆流してくることによって起こります。
胸やけは、胃酸が食道まで上がって胸あたりが気持ち悪くなるのに対して、呑酸は口の中まで胃酸が上がってくるという違いがあります。

呑酸の原因

加齢による筋力低下

食道と胃の間には下部食道括約筋があり、胃酸が逆流しないようになっています。
しかし、加齢に伴って下部食道括約筋の筋力が低下してしまうため、胃酸が逆流しやすくなってしまうのです。

暴飲暴食

食べ過ぎたり飲みすぎたりしてしまうと胃酸の分泌量が多くなってしまうため、胃酸が逆流しやすくなります。
また、アルコールや炭酸飲料も胃酸の分泌を促進するため、呑酸の原因になります。

ストレス

ストレスは自律神経の乱れを引き起こし、胃酸の分泌量が多くなることもあります。
胃酸の分泌量が多くなると、胃酸が逆流しやすくなるため、呑酸の原因になります。

呑酸が現れる病気

逆流性食道炎

呑酸が続く場合、最も注意が必要なのは逆流性食道炎です。
逆流性食道炎は、暴飲暴食、加齢やストレスなどが原因となって胃酸が逆流する病気です。
慢性化すると食道がんの原因になるため、早期に対処する必要があります。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍

胃潰瘍や十二指腸の症状の一つとして呑酸が現れることもあります。
胃酸の大量分泌や胃の働きの低下などによって胃に食べ物が長時間残ることで胃酸の逆流を招きます。

日常生活における呑酸の対策法

食生活に気を遣う

呑酸の一番の原因は食生活にあります。
まずは暴飲暴食を避け、脂っこいものやアルコール炭酸飲料など、胃酸を大量に分泌するものもできるだけ避けましょう。
また、食事は規則正しい時間に摂って、胃に負担をかけないようにしましょう。

寝る時は頭を高くして寝る

寝る時に頭の位置が低いと胃酸が逆流しやすくなります。
普段より高い枕を使ったり、枕にタオルを巻いたりして頭が下がらないようにしましょう。

呑酸におすすめの市販薬

ガスター10 12錠 1580円(税抜)

ガスター10には胃酸を抑える働きがある「H2ブロッカー」が配合されています。
口や食道に上がってくる胃酸も少なくなるため、呑酸や胸やけに効果的です。

キャベジンコーワα 100錠 1200円(税抜)

キャベジンには出すぎた胃酸を中和し薄める作用があります。
また、弱った胃を活性化させる働きもあるため、呑酸に効果的です。

さいごに

呑酸や胸やけは胃酸の逆流が原因となって起こります。
市販薬を飲むことで症状を抑えることもできますが、あくまで一時的で根本治療にはなりません。
生活習慣を見直しても症状が続くようであれば、病院で診察してもらいましょう。

スポンサーリンク

関連記事