ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 健康法

やる気が出ない、頭痛がする…梅雨になりやすい病気とその対策方法

ジメジメとして、湿気の高い梅雨の時期。
梅雨の季節は、いつもよりも何故か体調が優れない…なんてことはありませんか?
実は、梅雨に体調を崩しやすいのには、ちゃんとした理由があったのです。

今回は、梅雨に体調を崩しやすくなる原因や症状、対策法に付いてご紹介します。

梅雨に具合が悪くなるのはナゼ?

気圧や気温の急激な変化によるもの

梅雨の時期である6月頃は、季節の変わり目の月でもあります。
その時期は、雨が降ったりやんだり、暑い日や寒い日が交互に続くなど、気圧も気温も変化が激しくなります。
そうすると、その急激な変化に身体が付いて行けずに、体調を崩してしまうのです。

低気圧で自律神経のバランスが崩れるため

自律神経が、交感神経と副交感神経のバランスを保ってくれるお陰で、私たちは快適に活動することが出来ます。
しかし、梅雨の時期は雨が多く、気圧が低い状態が続きます。
気圧が低い状態が続くと、副交感神経が強制的に優位になってしまい、力が抜けたような状態から抜け出せなくなってしまうのです。

そのせいで、梅雨の時期特有の身体のだるさ・やる気が出ない…などの症状が起きやすくなります。

また、このような気象の変化が原因で体調が悪くなる症状を、「気象病」と呼ぶこともあります。

梅雨に多い病気「気象病」の症状

頭痛(片頭痛)

気圧や気温の変化の激しさについていけず、頭痛などの症状となって現れることもあります。
気圧の上がり下がりが大きいと、頭蓋骨の中の圧力や血圧に変化が起きやすくなり、頭痛の症状となって現れるのです。

倦怠感

気圧の変化で自律神経が乱れると、倦怠感(だるさ)や、やる気が出ないなど精神的な症状が出てきます。
特に、女性は生理周期でホルモンバランスが変化するので、気象病の症状が現れやすいと言われています。

梅雨に体調を崩さないためには?

ストレッチをする

軽い運動やストレッチをすると血圧が上がるので、気象病の倦怠感を解消することができます。
普段の生活に、ウォーキングやヨガなどを取り入れてみましょう。

軽い運動は、精神的にも肉体的にもメリットが大きいので、気象病に限らず普段から積極的に行ってみてくださいね。

なるべくストレスを溜めこまない

普段の生活でストレスが溜まっていると、自律神経のバランスが崩れやすくなります。
ストレスを溜めこまないように、日頃からこまめに発散するようにしましょう。
好きな音楽を聴いたり、趣味に没頭するなど、自分なりのストレス解消法を試してみてください。

まとめ

気圧や気温の変化で体調を崩さないためには、自律神経のバランスを保つことが重要です。
梅雨は気分も塞ぎ込みがちになりますが、今回ご紹介した対策法でジメジメとした梅雨の季節を乗り切りましょう!

スポンサーリンク

関連記事