ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 病気

「最近疲れてるな…」は要注意!過労で免疫力低下、風邪をひく可能性も…

最近、働き過ぎていませんか?
風邪は様々なことが原因で起こりますが、働き過ぎによる過労も原因の一つです。
今回は、疲労が蓄積することによって起こる風邪の症状や、対策法と予防策についてご紹介します。

過労が原因で風邪をひくことがある?!

風邪というと、冷えやウイルスなどの感染によって、発症するイメージが強いかもしれません。
しかし、働き過ぎなどによる疲労の蓄積によっても、風邪を引くことがあるのです。

仕事で強いストレスを感じたり、疲れがたまっていると、身体の免疫力が大きく低下します。
免疫力が下がると、ウイルスや菌などに対する抵抗力が弱まるため、結果的に風邪を引きやすくなってしまうのです。

また、疲労が蓄積する原因として睡眠不足が挙げられます。
身体を守る免疫細胞が活性化するのは睡眠時なので、睡眠不足が続いていると身体の免疫力がどんどん下がってしまいます。

過労による風邪の症状

疲労の蓄積により風邪を引くと、発熱や鼻水、頭痛や喉の痛みなどが起こります。
過労による風邪の場合、風邪薬を飲んでも原因となっている疲れをしっかり取り除かなければ、またすぐに風邪がぶり返す可能性があります。

過労による風邪を引いたときの対策法

睡眠不足を解消する

前述した通り、睡眠不足は身体の免疫力が下がる大きな原因です。
疲労の蓄積で風邪を引いたときは、無理をせずしっかり睡眠を取るようにしましょう。
スマホなどの脳の刺激になりそうなものはなるべく遠ざけ、リラックスした状態で眠れるように環境を整えてください。

梅干しを食べる

風邪で抵抗力が弱った身体は酸性に傾いています。
梅干しはアルカリ性の食品なので、酸性に偏った身体の元の状態に整えてくれます。
また、梅干しに含まれるクエン酸には疲労回復効果があるので、疲労が原因の風邪には効果抜群です!

過労による風邪を予防するには?

自分の体調を把握しておく

忙しいときというものは、自分の体調管理をおろそかにしがちです。
疲労がたまって体調を崩すことが無いように、普段からしっかりと自分の体調を管理しておきましょう。

また、過労は動脈硬化などあらゆる病気の原因になり得ますので、定期検診などの病院の検査は必ず受けるようにしてくださいね。

仕事の量を調整する

仕事で忙しい中、十分に休養を取るのは難しいかもしれません。
しかし、そのせいで体調を崩してしまっては、元も子も無いとは思いませんか?
過労で身体を壊す前に、仕事の量が多くなりすぎないようにスケジュールを調整することをお勧めします。

最後に

働き過ぎによる疲労の蓄積は、万病の元です。
風邪は身体が発するSOSのサインかもしれません。
もし過労によって風邪を引いてしまっても、これを機にしっかりと身体を休めてあげてくださいね。

スポンサーリンク

関連記事