ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 健康法

疲労回復やダイエットに最適!酢たまねぎの効果や作り方は?

酢とたまねぎを合わせて作る「酢たまねぎ」。
シンプルな食べ物ですが、酢とたまねぎ、両方の効果を得ることができます。
今回は酢たまねぎの効果や作り方についてまとめました。

酢たまねぎとは

酢たまねぎとは名前の通り酢とたまねぎを合わせた食べ物のことです。
酢とたまねぎはどちらも健康効果が高いことで知られていますが、二つを合わせることで、相乗効果が生まれ、さらなる効果が期待できます。
では、これから酢たまねぎの効果について紹介していきます。

酢たまねぎの効果

疲労回復効果

酢に豊富に含まれている酢酸は体内に入るとクエン酸に変化します。
クエン酸は疲れの原因物質である乳酸の生成を抑え、減少させる働きがあるため疲労回復に効果的です。

また、たまねぎの香りや辛み成分であるアリシンには疲労回復効果のあるビタミンB1の吸収を高める働きがあります。

同時に摂取しても、酢とたまねぎの効果を打ち消すことがないため、両方の疲労回復効果を同時に得ることができます。

ダイエット効果

酢とたまねぎにはどちらにも血液をサラサラにする働きがあります。
血液がサラサラになると血行が良くなるため、代謝が上がり、痩せやすい体になります。
また、老廃物もスムーズに流れるようになるため、むくみや便秘の解消にもつながります。

この他にもクエン酸にはエネルギー生産を促すクエン酸回路を活性化させ、代謝を上げる働きがあります。
また、たまねぎに含まれるオリゴ糖は善玉菌のエサとなり、腸内環境が改善されるため、便秘解消につながります。

さまざまな健康効果

酢とたまねぎに含まれる血液サラサラ効果は健康にもいい影響を与えます。
血液がサラサラになると血管への負担が少なくなるため、高血圧や動脈硬化を予防することができます。
また、糖や脂肪の代謝も活発になるため、血糖値や体脂肪も下がります。
このように、酢たまねぎには生活習慣病を予防する効果もあります。

酢たまねぎの作り方

材料

・たまねぎ…1個
・酢…大さじ5(醸造酢であればOK)
・はちみつ…大さじ1.5
・塩…少々

作り方

1.たまねぎを薄くスライスし、そのまま15分ほど置いておきます。
※このとき水にはつけないようにしてください。
2.密閉容器を用意して、たまねぎと塩を入れて混ぜます。
3.はちみつと酢を加えてもう一度混ぜて冷蔵庫に入れます。

2時間ほど経てばおいしく食べられますが、3~5日目が食べごろです。
保存は1~2週間ほど可能です。

食べ方

酢たまねぎはそのまま食べてもおいしいですが、ドレッシング代わりに使ったり、他の料理に足したりして幅広く使うことができます。
1日の50gほどを目安にして食べると効果的です。

さいごに

酢たまねぎは酢とたまねぎを合わせるだけで簡単に作れるだけでなく、疲労回復やダイエット効果など様々な効果が期待できます。
ぜひ、ご自宅で作ってみてください。

スポンサーリンク

関連記事