ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 健康法

エアコンのカビに注意!夏に多いカビ肺炎の症状とその予防策

カビ肺炎(夏型過敏性肺炎)という病気をご存知でしょうか?
一般的に肺炎というと、冬などの寒い時期に症状が悪化するイメージがありますよね。
しかし、カビ肺炎は夏になると逆に症状が悪化し、ゴホゴホと咳が止まらなくなります。

もし、夏の時期にだけ咳が止まらなくなるのであれば、このカビ肺炎を疑ったほうがいいかもしれません。

カビ肺炎とは?

カビ肺炎の正式名称は、「夏型過敏性肺炎」です。
6月から10月頃までの夏の時期に多く発症するための、この名称がつけられました。

原因はトリコスポロンというカビの一種?!

カビ肺炎の名前の通り、原因は「トリコスポロン」というカビの一種です。
このトリコスポロンを吸い込むことによって肺がアレルギー反応を起こし、咳などの症状を引き起こします。

カビの飛散している環境を離れることによって、肺炎の症状は治まります。
しかし、そのままの環境で暮らしていると、夏になるたびに咳がぶり返してしまいます。

カビ肺炎の主な症状

カビ肺炎の主な症状は、咳や発熱、だるさや喉の痛みなどです。
症状は風邪とよく似ており、病院に行っても風邪と診断されることもあります。
しかし、根本的な治療をせずに症状が慢性化してしまうと、肺が次第に弱ってしまいます。

そして最終的には肺が萎縮してしまい、呼吸が上手くいかなくなり呼吸不全に陥ることも。
ただの風邪だと思って放置しておくと、命の危険にもなりかねない恐ろしい病気です。

38度の高熱が出る場合も

カビ肺炎をはじめて発症した場合、夏が終わるころに38度台の高熱が出ることが良くあります。
この高熱が急性のカビ肺炎の特徴なのですが、この段階だと病院で検査を受けても見つからない可能性が高く厄介です。

ですので、夏の時期になると必ず風邪のような症状が出る場合、呼吸器科など専門の医療機関で精密検査を受けることをお勧めします。

カビ肺炎を予防するには?

エアコンを掃除する

カビ肺炎の原因となるトリコスポロンはカビの一種なので、カビを家の中で繁殖させないことが大切です。
エアコンを使うときはこまめに換気をして室内の空気を入れ替えましょう。
また、夏にエアコンを使い始める前に一度掃除をして、中のカビを取り除いておくことをお勧めします。

とにかく家の中はこまめな掃除を

カビ肺炎を予防するには、とにかく家の中をこまめに掃除しましょう。
お風呂場や窓辺など、カビの繁殖しやすい場所は特に念入りに掃除しましょう。

また、カビ肺炎の治療法として、原因となっている現在の住居から引っ越すのも有効な手段です。
どうしても咳などカビ肺炎の症状が治まらないときは、今の家を離れることも視野に入れておきましょう。

スポンサーリンク

関連記事