ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 健康法

寝ている間のよだれは危険?口呼吸で口内が乾くと大変なことに…

朝起きたときに、枕によだれのあとが付いていた…なんてことはありませんか?
「寝ているときによだれを垂らすなんてよくあること」と思われるかもしれませんが、睡眠中のよだれは実は危険なのです。
寝ている間によだれが垂れているのは、鼻ではなく口で呼吸をしていることが原因かもしれません。

口呼吸で寝ているときのよだれが多くなる?!

なぜ、寝ているときに口呼吸をしているとよだれが出てくるのでしょうか?
それは、口を開けて呼吸をすることによって口の中が乾燥してしまうからです。
そして口内の乾燥を防ぐために、よだれが通常よりも多く分泌されるのです。

顎の力が弱っているのかも?!

口呼吸になってしまう原因として、顎の筋力が低下していることが考えられます。
顎の筋力が弱ってしまうと、自然と口もとが緩みがちになり、口呼吸になりやすくなってしまうのです。

睡眠中のよだれの効果とは?

寝ているときに口呼吸をすると、よだれが多くなる原因は分かりました。
しかし、なぜ口呼吸によってよだれが口から垂れていると身体に悪いのでしょうか?
実は、睡眠中のよだれにはこんな効果があったのです。

虫歯を予防する

よだれには口内が酸性に傾くのを防ぎ、虫歯を予防したり歯の再石灰化を助ける働きがあります。
口呼吸によってよだれが外に流れてしまうと、口内は乾燥し虫歯が出来やすくなってしまいます。

口臭を少なくする

分泌されたばかりのよだれには酵素が多く含まれており、口臭の原因となる菌の繁殖を抑えます。
口の中が乾いてよだれがネバネバの状態になってくると、口臭の原因菌が活発に活動するようになり口が臭くなってしまいます。

肌トラブルを防ぐ

よだれには、「パロチン」と「EGF」という美肌づくりに効果のある成分が含まれています。
この2つの成分には皮膚の新陳代謝を活発にする作用があり、肌トラブルを防ぐのに効果的です。
よだれが外に出てしまうと、これらの成分の恩恵も受けられなくなってしまいます。

口呼吸が睡眠時無呼吸症候群を招く恐れも…

睡眠時無呼吸症候群は、上気道のスペースが狭くなり、寝ているときに呼吸が止まってしまう病気です。
口呼吸になると、鼻呼吸のときよりも咽頭が狭くなってしまい、上気道がふさがり睡眠時無呼吸症候群に陥りやすくなってしまいます。

睡眠時無呼吸症候群は、最悪の場合死に至ることもある恐ろしい病です。
口呼吸が習慣になると、このような危険な病気のリスクを負うことになってしまいます。

口呼吸を防ぐには?

よだれが口内から流れてしまう原因である口呼吸を防ぐには、様々な対策法があります。
まずは、顎の筋肉を鍛えるために食事はなるべく一口に30回は噛むようにしましょう。
ガムを噛んだりするのも効果的です。

また、枕が高すぎると気道がふさがれてしまい、呼吸が苦しくなって口呼吸になりやすくなります。
自分に合った高さの枕を選ぶことも大切です。

よだれ以外にも、口呼吸になると身体に様々な悪影響がありますので、日頃から鼻呼吸を意識して心がけるようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事