ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 煙草

禁煙の強い味方!ニコチンを身体から排出する食べ物5選

タバコに含まれるニコチンには強い毒性があり、タバコを吸い続ければ身体に様々な悪影響を及ぼします。
また、ニコチンは依存性も高く、一度ニコチンによる影響を脳に受けてしまうと禁煙が難しくなってしまいます。
今回は、そんなニコチンを身体から排出しやすくする禁煙に役立つ食べ物をご紹介したいと思います。

アスパラガス

サッと茹でて食べると美味しいアスパラガス。
アスパラガスには、タバコに含まれるニコチンを身体の中で「メチルニコチン」に変える働きがあります。
メチル化したニコチンは無毒化されるので、タバコが身体に与える悪影響を軽減させることが出来ます。

また、疲労回復効果のあるビタミン類などの栄養は、ホワイトアスパラガスよりもグリーンアスパラガスに多く含まれています。
ですので、食べるなら緑色のグリーンアスパラガスを積極的に食べるようにしましょう。

ブロッコリー

ブロッコリーに豊富に含まれる葉酸には、赤血球を増やす働きがあります。
タバコを吸うと、葉酸などのビタミン類が破壊されてしまうので、ブロッコリーなどの菜を多く食べたほうが良いでしょう。

また、ブロッコリーにはタバコが原因となって起こるDNAの酸化的損傷を抑える効果もあり、ガンを予防するためにも有効です。

オレンジ

タバコを吸うと、身体の中のビタミンCが激しく消費されてしまいます。
タバコを2本吸っただけで、1日に必要なビタミンCの量が失われるほどなのです。
オレンジなどの柑橘類にはビタミンCが豊富に含まれているので、タバコの害を減らすためにも積極的に食べた方がいいでしょう。

またビタミンCは、老廃物を排出させるデトックス効果も高いです。

緑茶

緑茶に含まれるタンニン(エピカテキン)には、ニコチンやタールの害を軽減する働きがあります。
タンニンが身体の中に入ると、ニコチンやタールなどの有害物質に反応して結合します。
そして水に溶けにくい状態にするので、胃腸からは吸収しづらく、体外には排出されやすくなるのです。

ですので、タバコを吸った後に緑茶を飲めばタバコの害をだいぶ減らしてくれます。

セロリ

セロリには、タバコに含まれるニコチンやタールなどの有害物質を分解してくれる働きがあります。
また、セロリに含まれる有機ナトリウムには、体内にたまった一酸化炭素を体外へ排出する働きがあり、肺や気管支の機能を高めてくれます。

最後に

タバコに含まれる有害物質であるニコチンを、身体から排出しやすくしてくれる食べ物をご紹介しました。
禁煙したいときはこれらの食品を食べれば、より毒素が身体から抜けやすくなります。
どの食材もデトックス効果があり身体に良い食材ばかりなので、是非積極的に食べてみてくださいね。

スポンサーリンク

関連記事