ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 健康法

黄色の頭皮はストレス過多?色でわかる頭皮の健康状態とケア方法

健康でツヤのある髪を保つためには、頭皮の健康を保つことが重要です。
頭皮の色を見ると、頭皮の健康状態や自分に合ったケア方法を知ることができます。
今回は頭皮の色と頭皮の健康状態、ケアの方法についてご紹介します。

色で分かる頭皮の健康状態

頭皮には毛細血管が張り巡らされているため、血流量も多くなっています。
健康な状態であれば、血液が滞りなく流れ、隅々の細胞まで栄養が運ばれるため、髪のツヤやハリが保たれます。
しかし、不健康な状態になると、血液が滞ってしまうため、頭皮の色が悪くなり、薄毛や髪の状態が悪くなる原因になってしまいます。

つまり、頭皮を見れば、自分の頭皮がどのような状態かわかるということです。
では、頭皮の色で自分の頭皮の健康状態をチェックしてみましょう。

あなたの頭皮は何色?

青白い頭皮

青白い頭皮は、血行が良く、程よい潤いがあり、毛根もしっかりしている健康な頭皮です。
この状態をキープできるよう、ケアを続けていきましょう。

ただし、頭皮が青白いというよりも白い、という場合は頭皮が乾燥している可能性があります。
頭皮が白いと感じる場合は、乾燥に注意し、頭皮の保湿を心がけましょう。

肌色の頭皮

肌色は他の皮膚の色と同じになるため、一見いい状態に思えますが、紫外線のダメージを受けていることを意味するため、いい状態とは言えません。
肌色になると頭皮が硬くなるため、血行が悪くなって髪の毛の状態が悪くなっていきます。
このような状態を防ぐために、普段から日焼け止めを塗る、帽子をかぶるなどの紫外線対策をしていきましょう。

黄色の頭皮

疲れやストレスが溜まってしまうと、血行が悪くなり、頭皮が黄色になることがあります。
このような場合は、頭皮をマッサージして血行を良くしたり、リラックスする時間を作ってストレス解消したりして対処しましょう。

また、頭皮から分泌された皮脂が酸化して変色することで頭皮が黄色になる場合もあります。
このままにしておくと、血行が悪くなったり、頭皮のベタつきや臭いの原因になったりするため、頭皮を清潔に保つようにしましょう。

赤色の頭皮

頭皮が赤くなっている場合は炎症を起こしている可能性があるため、注意が必要です。

頭皮が赤くなる原因には、紫外線の浴びすぎ、シャンプーが合っていない、などがありますが、特に思い当たらない場合は、毛細血管が縮小し、血行不良が悪化しているということです。
ストレスや生活習慣の乱れが原因となっている可能性が高いため、生活習慣を見直し、適度な運動を取り入れるようにしましょう。
また、頭皮マッサージをして血行を良くすることも大切です。

かゆみやふけ、痛みなどがひどい場合は、一度皮膚科で診てもらうようにしましょう。

頭皮をチェックして健康な頭皮を目指そう

頭皮を見ることで頭皮の健康状態を知ることができます。
普段、自分の頭皮を気にする方は少ないと思いますが、鏡を見たり、スマホで撮ったりして簡単にチェックできます。
頭皮の状態があまりよくなかった方は、頭皮マッサージをしたり、生活習慣を見直したりして、健康な青白い頭皮を目指しましょう。

スポンサーリンク

関連記事