ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 中性脂肪

中性脂肪は高くても低すぎてもダメ?中性脂肪が引き起こす病気とは?

中性脂肪が高いと体に悪いと言われますが、実は低すぎても問題になります。
では、中性脂肪の値に問題がある場合、どのような病気になる可能性があるのでしょうか?

中性脂肪が高い場合は脂質異常症の可能性あり

すでに中性脂肪が高い方は脂質異常症(高脂血症)になっている可能性があります。
脂質異常症とは血液中の中性脂肪や悪玉コレステロール(LDL)が多すぎる、または、善玉コレステロール(HDL)が少なすぎる病気のことです。

診断基準は以下のようになっています。(空腹時採血による数値)

トリグリセライド値(トリグラセライドとは代表的な中性脂肪のこと)…150mg/dl以上
LDLコレステロール値…140mg/dl以上
HDLコレステロール値…40mg/dl未満

この3つのうちひとつでも当てはまると脂質異常症と診断されます。

高い中性脂肪が引き起こす病気

動脈硬化

中性脂肪が高くなり脂質異常症になると血液がドロドロになり、動脈硬化の進行を早めます。
動脈硬化は年齢を重ねるごとに進むものですが、中性脂肪やLDLの増加、HDLの減少によって進行が早まります。
また、動脈硬化は自覚症状がないまま進行するため、さらに深刻な病気を引き起こす可能性もあります。

狭心症・心筋梗塞・脳梗塞

動脈硬化になると、動脈に中性脂肪などが溜まり、血管が狭くなったり、硬くなったりして血流が悪くなります。
そのため、動脈硬化が心臓の血管で起こると狭心症や心筋梗塞を引き起こす可能性があり、脳の血管で起こると脳梗塞を引き起こす可能性があります。

脂肪肝

脂肪肝は肝臓に中性脂肪が蓄積することが原因で起こる病気です。
脂肪肝も動脈硬化と同様に自覚症状がほとんどなく、生活習慣病のリスクを高めたり、肝硬変や肝臓がんを引き起こしたりする可能性があります。

このように、中性脂肪が高いまま放置しておくと心筋梗塞、脳梗塞、肝臓がんなど命に関わる病気を引き起こす危険性があるのです。

中性脂肪が極端に低い場合も要注意

ここまでは中性脂肪が高い場合に注意すべき病気を紹介してきましたが、中性脂肪が低い場合も注意が必要です。
中性脂肪は体内のエネルギー源として重要な役割を果たしているため、低すぎても問題になります。

中性脂肪の値が30~149mg/dlであれば基準値内ですが、極端に低い場合は甲状腺機能亢進症(バセドウ病)の可能性があります。
バセドウ病は甲状腺ホルモンが過剰に分泌することによって代謝が高まるため、中性脂肪が著しく低下してしまうのです。
また、中性脂肪の低下以外にも動機や息切れ、多汗や倦怠感などの症状が見られます。

まとめ

中性脂肪は高くすぎても低すぎても体によくありません。
中性脂肪を正常な値に保つためには、暴飲暴食や極端な食事制限を避けて栄養バランスの取れた食事を取り、適度な運動をすることが重要です。
また、健康診断を定期的に受け、中性脂肪をチェックし変化を見逃さないようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事