ケンサポ ケンサポ ケンサポ

      2016/05/18

 健康法

肥満やメタボに効果的!黒烏龍茶がもたらす嬉しい健康効果って?

黒烏龍茶というと、よくCMなどで健康にいいと宣伝されていますよね。
ダイエットにも効くと噂の黒烏龍茶ですが、実際のところその効果はどのようなものなのでしょうか?
今回は、黒烏龍茶の効果や飲み方について詳しくご紹介します。

黒烏龍茶の効果とは?

脂肪の吸収を抑える

黒烏龍茶の「脂肪の吸収を抑える」というキャッチフレーズは、CMなどでも耳にしたことがあると思います。
食事のときに黒烏龍茶を一緒に飲むことで、体に脂肪が吸収されるのを抑えることができるのです。

黒烏龍茶を飲んでおくと、血中の中性脂肪の上昇を、何と20%近くも抑えてくれます。
脂っこい食べ物を食べたときには、一緒に黒烏龍茶を飲んでおくといいでしょう。

脂肪を排出しやすくする

黒烏龍茶を飲み続けると、脂肪の排出量を増やすことができます。
脂肪が排出しやすくなれば、太りづらい身体づくりに役立ちますよね。

体に脂肪が付きにくい

「体に脂肪が付きにくい」というキャッチフレーズも、CMで聞いたことはありませんか?
黒烏龍茶には、「ウーロン茶重合ポリフェノール」という抗酸化物質が含まれており、体に脂肪を付きにくくします。
このウーロン茶重合ポリフェノールが、黒烏龍茶の肥満防止作用のポイントです。

黒烏龍茶はメタボ改善に効果的?!

メタボリックシンドロームは、「内臓脂肪症候群」」と呼ばれることもあります。
内臓に脂肪がたまることによって、高脂血症など様々な病気を発症しやすくなるのです。
黒烏龍茶のウーロン茶重合ポリフェノールは、体に脂肪を付きにくくしてくれるので、メタボの予防・解消に効果的です。

メタボでお悩みの方は、食事のときに黒烏龍茶を一緒に飲むと脂肪が体にたまりづらくなります。

黒烏龍茶の効果的な飲み方は?

1日2回、1回に飲む量は350ml

黒烏龍茶を1回に飲む量は、350mlほどが適量です。
食事の脂が気になるときは、1回350mlを1日2回を目安にして飲みましょう。

食事と一緒に飲む

黒烏龍茶を飲むときは、食事と一緒に飲むようにしましょう。
そうすることで、血中の中性脂肪の上昇を抑制することができます。

黒烏龍茶の飲み過ぎに注意

肥満やメタボに効果的な黒烏龍茶ですが、くれぐれも1日の摂取量は守るようにしてください。
黒烏龍茶を飲み過ぎは、下痢などの副作用を引き起こします。
黒烏龍茶の過剰摂取によって下痢が続くと、流れた栄養を取り戻そうとして、逆に太りやすい体になってしまいます。

健康効果のある黒烏龍茶ですが、副作用が出るまで飲み過ぎないように注意してくださいね。

キレイをつくるお茶活って知ってる?
詳しくはコチラをご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事