ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 煙草

次世代の加熱式タバコiQOS(アイコス)、メリットやデメリットは?

普段からタバコを吸っている方の中にはタバコの臭いや周囲の目が気になるという方も多いと思います。
そんな方におすすめなのが、昨年フィリップモリスから発売されたiQOS(アイコス)です。
今回はiQOS(アイコス) のメリットとデメリットについてまとめました。

iQOS(アイコス) とは?

アイコスは2015年9月にフィリップモリスが発売した次世代の加熱式タバコです。
欧米などで流行りを見せている電子タバコとは違い、実際にタバコの葉を加熱することによって香りや味を楽しむことができます。
また、紙タバコに比べ、健康への害が少ないという特徴があります。

使い方

アイコスにはホルダーとチャージャーに加え、クリーンブラシ、充電用のケーブルやアダプタが付属しています。
使用する時はホルダーとチャージャーを使います。

実際にアイコスを吸う時は、
1.チャージャーからホルダーを取り出す。
2.ホルダーに専用のタバコを差し込んで吸う。
3.吸い終わったら、ホルダーをチャージャーに戻して充電する。

といった感じになります。

味は現在のところ4種類

アイコスの専用タバコの味は現在のところ、レギュラー、バランスドレギュラー、ミント、メンソールの4種類となっています。
どれも20本入りで460円で販売されています。

iQOS(アイコス) のメリット

紙タバコより健康に良い

アイコスは紙タバコと同じようにニコチンを摂取することになりますが、ニコチンより有害なタールはごく少量しか含まれません。
そのため、紙タバコに比べて9割以上の有害物質を削減できます。

タバコ感がある

最初の数本は違和感がある方も多いようですが、徐々に慣れるという方が多いようです。
味については個人差がありますが、中にはアイコスに慣れて、紙タバコがまずく感じるようになった方もいるようです。

煙や灰がほとんど出ない

アイコスを吸うと水蒸気は出ますが、煙はほとんど出ないため、紙タバコに比べて副流煙を気にせずに済みます。
また、タバコの灰も出ないため、灰皿が必要ありません。
使い終わった専用タバコはそのままゴミ箱に捨てても大丈夫です。

臭いが少ない

アイコス独特の臭いはありますが、紙タバコに比べると臭いは少ないため、洋服や髪の毛に付く臭いの心配がなくなります。

iQOS(アイコス) のデメリット

初期費用が高い

アイコスの本体価格は9980円と少し高めになっているため、躊躇してしまうという方も多いようです。
ただ、2016年5月現在、コンビニなどでさまざまなキャンペーンが実施されており、最大で4600円引きで購入することができるため、購入を考えている方は今がチャンスかもしれません。

重い

ホルダーが重いため、アイコスを吸いながらの作業は困難になります。
また、チャージャーとセットで持ち歩くため、その分かさばるというデメリットもあります。

充電が面倒

アイコスは1本吸うごとにホルダーをチャージャーに入れて3分ほど充電しなければならないため、連続で吸うことができません。
また、チャージャー本体の充電も必要です。
チャージャーの充電が満タンであれば30本ほど吸えますが、チャージャーの充電には1時間30分ほど必要になります。

さいごに

アイコスには多くのデメリットがありますが、自身や周囲の健康のことを考えるとメリットは大きいのではないでしょうか?
気になった方はぜひアイコスを試してみてください。

ヘビースモーカーは要注意!「タバコ病」について詳しくはコチラをご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事