ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 健康法

効果的な食材はバナナ?五月病対策に効果的な食事とは…?!

五月病は、新しい環境の変化について行けず、うつ病に似た症状が出ている状態のことを言います。
原因は色々あると思いますが、もしかすると栄養不足が関係している可能性もあります。
今回は、五月病を改善する食材や、食事方法について詳しくお教えします。

食事で五月病を改善する

ポイントはセロトニン

セロトニンとは脳の神経伝達物質であり、感情をコントロールすることで精神を安定させる効果があります。
このセロトニンが不足すると、感情のコントロールが上手く利かなくなり情緒が不安定になるのです。
情緒が不安定になれば五月病の症状も酷くなるので、五月病の改善にはこのセロトニンが大きく関わっています。

セロトニンは生活習慣の改善で増やすことができますが、食事によって増やすことも可能です。
これから、五月病対策に効果的なセロトニンを、多く分泌させるために必要な食材を紹介していきます。

五月病対策に効果的な栄養と食材

トリプトファン

トリプトファンは必須アミノ酸の一つで、セロトニンを作る材料となる栄養素です。
トリプトファンは、肉や魚、大豆やバナナなどたんぱく質が豊富な食品に多く含まれています。

ビタミンB6

セロトニンを合成するには、トリプトファンと一緒にビタミンB6を摂る必要があります。
ビタミンB6は、大豆やニンニク、レバーなどに多く含まれています。
また、バナナはトリプトファンとビタミンB6を豊富に含んでいるので、五月病対策に効果的な食材です。

マグネシウム

マグネシウムは神経伝達の制御や、たんぱく質の合成などの作用がある栄養素です。
また、マグネシウムもセロトニンの合成を手伝う働きがあります。
マグネシウムは、魚介類やナッツ類に多く含まれています。

食事の取り方も大切

良く噛んで食べる

リズムよく咀嚼して食べると、セロトニンの分泌が活性化されます。
食事をするときは、すぐに飲み込まずによく噛んで食べるようにしましょう。

朝食は抜かない

忙しい朝などは、ついつい朝食を抜いてしまいがちです。
しかし、朝食を食べないで出かけると脳が栄養不足でボーっとしてしまい、五月病の症状が悪化してしまう可能性があります。
特にバナナは朝でも手軽に食べることができ、トリプトファンやビタミンB6をバランスよく含んでいるのでおススメです。

まとめ

五月病対策に効果的な、食材や食事の取り方についてご紹介しました。
食事の栄養のバランスが崩れていると、五月病じゃなくても調子が悪くなってしまいますよね。
バランスの良い食事をして、五月病を少しずつ改善していきましょう。

スポンサーリンク

関連記事