ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 眼病

目の疲労の原因は自律神経の乱れだった?!疲れ目とストレスの関係とは?

目がかすむ、ショボショボするなど、疲れ目の症状は様々です。
疲れ目の原因の一つとして、ストレスによる自律神経の乱れが挙げられることはご存知でしたか?
今回は、疲れ目とストレスの関係性、またその改善方法についてご紹介します。

ストレスと疲れ目の関係

目が疲れる原因は、大きく分けて2種類あります。
1つ目は、近視や遠視など目自体に問題がある場合で、自分に合ったメガネなどを使用することで改善できます。

2つ目は、パソコンの操作による目の酷使やストレスなど、周りの環境が目に影響している場合です。
特に、ストレスによる自律神経の乱れは目の疲れに繋がりやすいといわれています。
自律神経は、睡眠不足や食生活の乱れなどが原因でバランスが崩れることが多いです。

自律神経が乱れて交感神経が優位な状態が続くと、身体の筋肉は緊張して固くなります。
その結果、目の筋肉も緊張して固くなってしまい、目の血行が悪くなり疲れ目になってしまうのです。

疲れ目の症状とは?

疲れ目の症状としては、かすみ・充血・目の奥の痛み・ショボショボする・頭痛・肩こり・吐き気など様々なものが挙げられます。
特にストレスによる疲れ目は、自律神経の乱れを整改善することによって改善する可能性が高いです。

ストレスによる疲れ目を解消するには?

質のいい睡眠を取る

自律神経が乱れている状態では交感神経が異常に優位になり、眠ろうとしても興奮してしまい眠れないことが多々あります。
ストレスが溜まっている状態で安眠しようとしても難しいと思うので、以下の方法を試してみることをおススメします。

夜遅くのパソコンの使用は控える

パソコンやスマホなどのブルーライトは、目に悪いだけでなく交感神経を刺激し、常に興奮しやすい状態になってしまいます。
パソコンなどの長期の連続使用は控え、夜遅くまで画面を見続けないようにしましょう。

軽い運動をする

ウォーキングやストレッチなどの軽めの運動で、ストレスを発散させ自律神経を整えましょう。
また、昼間にそれらの運動を行うことで体を適度に疲れさせれば、夜に安眠しやすくなります。

疲れ目に限らずストレスは万病のもと

ストレスは目の筋肉を緊張させ、疲れ目の原因となることをご紹介しました。
また、疲れ目に限らずストレスは様々な病気の原因となるので、なるべく溜めないように生活することが大切です。
普段からストレスを発散させるように意識して生活をし、疲れ目などの症状を予防しましょう。

疲れ目を手軽に解消できるツボについて詳しくはコチラをご覧ください。

あなたも目の健康を考え直してみませんか?
眼精疲労などの目のトラブルにはブルーベリーが効果的。
ブルーベリーおすすめサプリランキング」も併せてご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事