ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 慢性膵炎

アルコールの摂り過ぎで膵臓が炎症を起こす!膵炎になるとどうなるの?

膵臓(すいぞう)は、背中のあたりに位置する臓器で、人体に必要な消化酵素やホルモンを分泌する役割があります。
しかし、アルコールの摂り過ぎは膵臓にダメージを与え、慢性膵炎などの深刻な病気を引き起こすことがあります。
今回は、アルコールの多飲が原因で起こる膵臓の病気と、その治療についてご紹介します。

アルコールが原因で起こる膵臓障害

急性膵炎

急性膵炎とは、本来食物などを消化するために膵臓から作り出された酵素が異常に活性化し、自らの膵臓や他の内臓を消化してしまう病気です。
アルコールの摂り過ぎが一番の原因であり、この急性膵炎を患った後に飲酒を続けていると慢性膵炎になりやすいとされています。

慢性膵炎

慢性膵炎とは、アルコールを継続的に多飲することによって膵臓が炎症を起こす病気です。
慢性膵炎になった膵臓はどんどん硬化し、膵臓としての機能を果たせなくなります。
アルコールの継続的な過剰摂取が原因の7割を占めており、急性膵炎にかかった人が飲酒を続けてしまいなることが多い病気です。

今回は、この慢性膵炎について詳しくご紹介します。

慢性膵炎の症状

慢性膵炎の症状としては、腹痛や吐き気、食欲不振などが挙げられます。
痛みの症状は、脂っこい食事を食べた後や、アルコールを摂取した後に現れやすい傾向があります。
また、症状が進行すると脂肪の消化吸収が滞り、脂肪が大量に含まれた脂肪便が出ることもあります。

慢性膵炎になったときの治療法

食事療養

慢性膵炎になった場合、食事制限による治療が必要になります。
アルコールを摂取しないことはもちろんのこと、糖質を制限し、脂肪の少ない食事を食べるようにします。
また、塩分の多い食品や、カフェインや香辛料の類もなるべく摂らないようにします。

薬物療法

慢性膵炎の症状である痛みに耐えかねる患者さんは多く、薬物で痛みを抑えることもあります。
また、膵液の分泌不足を補うための消化酵素剤や、制酸剤が投与されることもあります。

ドレナージ治療

慢性膵炎で膵臓に膿が溜まっている場合、カテーテルで膵臓の膿を吸い出すドレナージ治療が行われます。
症状が重い場合は、腹部を切開してから治療が行われることもあります。

アルコールが原因の場合、禁酒が一番の対処法

急性膵炎や慢性膵炎の原因で最多のものは、過剰なアルコールの摂取です。
お酒を飲むのをやめることが、慢性膵炎の一番の対処法と言えるでしょう。

お酒を飲むのは楽しいですが、膵臓の健康も考えて日頃から過度な飲酒は控えるようにしてくださいね。

禁酒中はノンアルコールビールがおすすめ!
ノンアルコールビールについて詳しくはコチラをご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事