ケンサポ ケンサポ ケンサポ

      2016/05/11

 健康法

五月病の原因や対策は?五月病になりやすい人の特徴とセルフチェック

4月から仕事や学校が始まって頑張っていたけど、5月になってから何となくやる気が出ない…。
場合によっては、うつ病や適応障害とも呼ばれることもある「五月病」。
五月病になる原因とは、どんなものなのでしょうか?

五月病の症状とは?

五月病の症状としては

・なかなかやる気が起きない
・夜ベッドに入ってもなかなか眠れない
・食欲がわかない
・周りへの興味や関心が薄れる
・不安な気持ちが大きくなる

などが挙げられます。

一見うつ病の症状と似ていますが、本当のうつ病とは違い、休養やストレス解消などを行うことで改善する場合が多いです。
「五月病」という名前が付いていますが、病気の正式名称ではなく、時期に関係なく発症することもあります。

五月病の原因って?

五月病になる大きな原因の一つは、「環境の変化によるストレス」です。
4月から新しい学校や職場での生活がスタートしますが、今までと違う環境に慣れるのはなかなか大変なことですよね。

4月の間は何とか頑張っていても、5月のゴールデンウイーク明けくらいになると緊張の糸が切れてしまい、様々な心体症状として現れます。
新しい職場や学校で人間関係が上手くいってない場合などは、特に五月病の症状が現れやすくなります。

五月病になりやすい人の特徴

以下に、五月病になりやすい人の特徴をまとめてみました。

五月病になりやすい人のセルフチェック

・真面目で几帳面である
・内向的で、なかなか感情を表に出せない
・完璧主義である
・他人に気を遣う方である
・責任感が強く、人から頼まれると断りづらい

真面目だったり、責任感が強い完璧主義の人が、五月病になりやすいようです。
また、内向的で自分の感情を表現するのが下手な人も、ストレスを溜めやすく抑うつ状態になりがちです。

五月病になったときの対策

自分なりのストレス解消法を試す

五月病の原因はストレスによるものが多いので、ストレスを溜めこまないようにしましょう。
好きな音楽を聴いたり、軽い運動をしてみたり、自分なりのストレス解消法を試してみてください。

親しい人に相談する

家族や親しい友人に悩みを話すだけでも、心が解放され気分が大分良くなります。
自分の中だけに溜めこまず、他人の意見を聞いて視野を広く保ちましょう。

最後に

五月病は正式な病気ではありませんが、その症状に悩んでいる人はかなり多いようです。
基本的に気にしすぎるのはあまり良くありませんが、気分の落ち込みなどが酷い場合は心療内科などでカウンセリングを受けてみてもいいでしょう。

五月病に効果がある食べ物があるって本当?
詳しくはコチラをご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事