ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 健康法

下痢からガンまで予防する?!納豆菌の驚くべき効果とは?

納豆は、日本人の食卓に欠かせない日本伝統の発酵食品ですよね。
それに納豆のネバネバの元となる納豆菌には、健康に良い様々な効果があります。
今回は、納豆菌の健康効果と、効果的な摂取方法についてご紹介します。

納豆菌の健康効果

血栓を溶かす

納豆菌が元になり生まれるあのネバネバには、「ナットウキナーゼ」という酵素が含まれています。
このナットウキナーゼという酵素には、血栓ができるのを防ぎ血栓を溶かす効果があるのです。
血栓は心筋梗塞や脳卒中などの原因になるので、納豆を食べるとこれらの病気を予防する効果が期待できます。

乳酸菌を増やす

納豆菌と乳酸菌を一緒に培養すると、乳酸菌が通常より10倍も増えたという驚きの実験結果があります。
乳酸菌には腸内の環境を整える効果があるので、納豆と一緒に乳酸菌を摂取すればより整腸効果がアップします。

納豆菌がガンを予防する?!

昭和42年に、納豆菌を使ったある実験が行われました。
その実験とは「ハツカネズミの両足にガン細胞を移植し、片足にだけ納豆菌を注射して経過をみる」というもの。

その結果は、「何もしなかった方の足はガン化していたが、納豆菌を注射した方の足はガン化していなかった」という驚きの結果でした。
どのような仕組みでガンを抑制したのかまでは分かっていませんが、少なくとも納豆菌にはガンを予防する効果があるのは確かのようです。

納豆菌の効果的な摂取方法とは?

納豆は夜に食べる

心筋梗塞などの心臓の発作は、朝に起きることが多いと言われています。
夜のうちに納豆を食べておけば、血栓を溶かす効果により血管系の病気の予防効果が期待できます。

毎日食べ続ける

納豆菌の健康効果は、1日に納豆を1パック食べることで十分発揮されます。
一度に多く食べる必要はありませんが、納豆菌の効果を持続させるために毎日食べると効果的です。

キムチと一緒に食べる

納豆菌と乳酸菌を一緒に摂ると、乳酸菌が増えやすいことは先ほど書きました。
キムチには乳酸菌が豊富に含まれており、納豆との相性も抜群!
キムチ納豆にして食べれば、美味しさと健康面で一石二鳥です。

納豆菌サプリもおすすめ

納豆の健康効果についてご紹介しましたが、どうしても納豆のあの独特な臭いが苦手な方もいらっしゃると思います。
納豆が苦手な方には、納豆菌やナットウキナーゼが配合されたサプリメントがおススメです。
サプリメントなら臭いも気になりませんし、納豆菌の効果がより腸まで届きやすくなりますよ。

スポンサーリンク

関連記事