ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 健康法

眠気と吐き気が同時に起きたときの原因と対処法は?何かの病気じゃないの?

眠気と吐き気が同時に起こったら、何かの病気ではないかと心配してしまいますよね。
眠気と吐き気が同時に起こる場合は、様々な原因が考えられます。
今回は、眠気と吐き気が同時に起こる原因と対処法についてご紹介します。

眠気と吐き気が起こる原因は?

睡眠不足

睡眠不足は、体に様々な悪影響を及ぼします。
もし、最近寝不足だとしたら、眠気と吐き気が同時に起こるのは睡眠不足のせいかもしれません。
睡眠不足になると体に疲労が蓄積し、体力が落ちるので吐き気やめまいなどの症状が出やすくなります。

自律神経の乱れ

ストレスなどが原因で自律神経が乱れると、眠気と吐き気などの症状が起こりやすくなります。
また、うつ病などの精神的疾患を抱えていても自律神経が乱れているので、少しのことでも体調を崩しやすいです。

貧血

貧血というと、立ちくらみやだるくなるなどのイメージが強いかもしれませんが、頭痛や吐き気の症状が出る場合もあります。
貧血になると体に充分な栄養が行きわたらず、体全体が疲れやすくなるからです。

女性特有の症状の可能性も

生理など、女性特有の症状が原因で頭痛や吐き気が起きる場合もあります。
生理前に起こる月経前症候群(PMS)は、頭痛やだるさなどの不快な症状を引き起こします。

また、妊娠初期にも「つわり」の症状として吐き気や嘔吐などがあります。
もしその場合は、産婦人科で検査をしてもらうと良いでしょう。

眠気と吐き気が起こったときの対処法

生活のリズムを整える

夜ふかしなどで生活のリズムが狂っていると、睡眠不足で体調が悪くなりがちです。
休日の朝でもなるべくいつもと同じ時間に起きて、早く布団に入る習慣を身に付けましょう。

適度に運動する

慢性的な運動不足だと、体全体の血行も悪くなり体調を崩すことが多くなります。
散歩やストレッチなどちょっとした運動で良いので、普段の生活に取り入れてみてください。

鉄分を補給する

貧血が原因で吐き気や頭痛が起こっているときは、ヘモグロビンの減少により体が酸欠状態になっています。
貧血の原因としては、鉄分の不足で起こる鉄欠乏性貧血が最も多いので、食べ物やサプリで鉄分を補給すると良いでしょう。
鉄分は、鶏や豚のレバーや、カツオやマグロなどの食品に多く含まれています。

最後に

眠気と吐き気が同時に起こる場合の原因と対処法についてご紹介しました。
原因の中には女性特有のものもありますが、生活習慣を整えることで改善できることも多々あります。

ただ、生活習慣を改善しても症状が治まらない場合は、重大な病気が隠れている可能性も否定できません。
なかなか症状が改善しないときは、病院を受診することも考えておきましょう。

スポンサーリンク

関連記事