ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 口内

親知らずが生える平均年齢は?抜くとしたらいつが良い?

自分でも気づかないうちに、親知らず(第三大臼歯)が生えていてビックリした経験はありませんか?
今回は、親知らずが生えてくる平均年齢や、抜いた方が良い年齢についてお教えします。

親知らずが生える平均年齢は?

親知らずの多くは20代までに生えてくる

親知らずの多くは、10代の後半から20代の前半くらいに生えてきます。
親知らずは全部で4本ありますが、4本とも生えそろう人もいれば、1本も生えてこない人もおり人それぞれです。
人によっては、40代や50代などかなり遅く生えてくる場合もあります。

親知らずが生えたら抜いたほうがいい?

親知らずというと、生えたら抜くというイメージがありますが、まっすぐ綺麗に生えた場合は無理に抜歯しなくても大丈夫です。
ただし、曲がって生えていた場合は虫歯になりやすかったり、歯並びが悪くなったりと様々な悪い影響があります。
その場合は、早めに親知らずを抜いたほうが良いでしょう。

親知らずを抜くなら若いうちに

親知らずを抜歯する場合は、なるべく20才前後の若いうちに抜いたほうが良いと言われています。
その理由は以下の通りです。

傷の治りが早い

20才前後の若い年齢の頃は、回復力が高いので傷の治りも早いです。
親知らずを抜いた後は少なからず歯茎にダメージがありますが、若いうちなら抜歯後の傷も早く治ります。

親知らずの前の歯が虫歯になるのを防ぐ

親知らずが曲がって生えている場合、前の歯との間に隙間が出来やすくなり、親知らずと前の歯が虫歯や歯周病にかかりやすくなります。
そうなるのを防ぐためにも、親知らずは若いうちに抜いたほうが良いのです。

矯正治療にも影響を及ぼす

親知らずが残っていると前の歯を押し出してしまうことがあり、歯並びが悪くなることがあります。
矯正治療をしても親知らずのせいで元に戻ってしまうこともあるので、早めに抜くに越したことはありません。

30代以降に親知らずを抜くリスクとは…

30代以降に抜く場合

30代以降に親知らずを抜く場合は、歯周病のリスクが高まります。
また、傷の治りが遅いので、抜歯後の腫れや痛みが長引く可能性があります。

50代以降に抜く場合

50代以降になると、高血圧など様々な疾患が出ていることが多くなります。
処方されている薬の関係などで、主治医と相談しながら治療を進めていくことになるでしょう。
また、年齢を重ねることで親知らずが骨にくっついている場合も多く、抜歯の治療も大変になることが多いです。

まとめ

親知らずを抜くと様々な良い影響もありますが、年齢によっては大きなリスクを伴うこともあります。
歯科医とよく相談をして、親知らずを抜くか残すか決めましょう。

スポンサーリンク

関連記事