ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 運動

運動不足はこんなにも体に悪影響をもたらす

0119(15)
皆さんは運動をしていますか?
年齢を重ねるとおろそかになってしまったり、冬場はどうしても寒くて外に出て運動できないなど運動する機会は、若い頃と比べて減ってきてしまいます。
しかし、運動は健康を保つためには欠かせない重要な事なのです。
今回は健康と運動の関連性について、ご紹介していきます。

運動不足がもたらす害

そもそも運動をしないとどうなるのでしょうか。
運動不足は病気をももたらしてしまうんです。

・肥満
まず皆さんが思いつくのは、太ってしまうということではないでしょうか。
カロリーを消費しないまま、エネルギーを摂取してしまうと余計な脂肪を体内にずっと溜め込んでしまいます。
よって肥満の原因になってしまうんです。

・様々な病気の原因
生活習慣病になりやすくなります。
生活習慣病とは、心臓病や高血圧や動脈硬化などがあげられます。
血液がドロドロになり、流れが悪くなったりしこれらの病気があげられます。
そして、免疫力の低下し風邪など引きやすくなります。

・疲れが取れない
運動すると疲れますよね。
ですが、運動不足でも疲れが取れなくなるのはご存じですか?
乳酸がなかなか排出されなくなり、疲れが取れにくくなるんです。
そして、自律神経の働きも乱れてしまい心の病にかかってしまう場合もあります。
運動はストレス解消というように、ストレスを発散させなければイライラもしますし、憂鬱感が溜まりやすい状態になってしまい、精神疾患が出やすくなるんです。

簡単に例をあげましたが、他にも体や心に悪影響なことがたくさんあるんです。
でも、運動したくても時間が取れなかったりする方が多いと思いますので簡単に続けられる運動法をご紹介します。

ちょっとしたことで運動不足解消

・ストレッチ
ストレッチは一般的に、準備運動として行うことが多いですよね。
ですがストレッチは、筋肉をほぐしたり伸ばしたりすることで活性化することが出来るんです。
そして、筋肉が衰えるのを防いでくれるんです。
ですから、毎日運動は出来なくてもお風呂上りにストレッチを念入りにすることがオススメです。

・歩く
簡単なことですが、通勤や通学でなるべく歩くことです。
駅まで自転車だったのを歩いてみる。
会社までの一駅を歩く。
など、ちょっとした距離を歩くことです。
これだけで、かなりの運動不足が解消されます。

大人になるにつれ、どんどんと運動する機会が減り不健康になってしまいがちですよね。
ですが、ちょっとした心がけでも運動不足は解消できるんです。
年をとってもずっと続けていけるように、習慣付けましょう。

スポンサーリンク

関連記事