ケンサポ ケンサポ ケンサポ

      2016/05/19

 健康法

笑うって大切!誰でも出来る新習慣、超簡単ニコニコ健康習慣♪

「笑う門には福来る」ということわざは広く知られていますね。これは何も気休めではなく、笑う事は本当に身体的に良い影響を及ぼすと、医学的にも証明されています。

交感神経と副交感神経から成り立つ、自律神経をバランスよく刺激する事で、人は穏やかに過ごす事が出来ます。

性欲は健康のバロメーター

笑いと性欲が結びつくなんて、ちょっと意外かもしれませんね。性欲は脳内からセロトニンやドーパミンが分泌される事で、性ホルモンや若返りホルモンも比例して分泌され、起こるものです。このセロトニン、ドーパミンは、笑う事により分泌される物、掘り下げていけば、要するに呼吸法です。

様々な呼吸健康法が多いのはこの為ですね。

また、鬱病患者の性欲が沸かない事例は、セロトニンが不足しているからで、セロトニンは太陽の光を浴びる事でも分泌される事から、「太陽の光を浴びると良い」と言われるのです。

すなわち、性欲があるという事は、セロトニンの分泌が正常である。と言えます。

笑うと免疫力が高まる!?

人は笑う事によって、身体の様々な組織を刺激します。笑う事によって脳に興奮が伝わり、「神経ペプチド」という情報伝達物質が作られるのですが、神経ペプチドが免疫力向上の鍵を握っています。

神経ペプチドは血液や体液に混ざって体中をめぐり、やがてはNK細胞に密着、活性化する働きがあるのです。NK細胞とは、ナチュラルキラー細胞といって、体内に侵入したウイルスをやっつけてくれる、有りがた~い細胞です。

数年前から、インフルエンザ予防に効果があるヨーグルトが注目され、人気を呼んでいますね。

こちらも、このNK細胞に基づいて開発されました。NK細胞が活性化されていると、ガンの治療やウイルスの撃退にも効果が上がりやすいと言われています。つまり、病床に伏せている時こそ、大いに笑うと良いのです。

深~い呼吸でストレスフリー

笑うという事は、すなわち大きく深く、呼吸をするという事です。現代人は誰もがストレスを抱え、非常に生きにくい環境にある事は否定できません。

ストレスを抱えていると、どこか不穏で呼吸も浅くなりがちになります。落ち着きがなく、イライラした時こそ、深呼吸をしてみましょう。血中に酸素が充分に行き渡れば、自然とラクになりますよ。また、カラオケや、マラソン、適度な運動でストレスを発散する人も沢山いますね、どちらも腹式呼吸から来るものです。

どうですか?笑うって様々な効果がありますね。単に深呼吸や、腹式呼吸でもいいですが、笑いって伝染する物なので、どうせなら皆で楽しく過ごすため、日頃から笑いのネタを探して過ごすのも良いかもしれませんね♪

深い呼吸が体を健康に保つ!
深呼吸の健康効果について詳しくはコチラをご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事