ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 グルコサミン

中高年を襲う四十肩や五十肩…症状や原因に違いはあるの?

中高年にさしかかってくると、肩が痛くなって腕が上がらなくなったといった経験した方も多いと思います。
こういった症状は四十肩や五十肩と呼ばれますが、二つに違いはあるのでしょうか?
今回は四十肩と五十肩の違いについてまとめました。

四十肩、五十肩に違いはあるのか?

症状の違いは?

四十肩と五十肩の症状の違いはなく、医学的には「肩関節周囲炎」と呼ばれています。
肩に鈍痛を感じ、腕を上げたりひねったりすると痛みを感じやすくなります。
そのため、肩や腕の可動域が狭くなり、着替えなど肩や腕を大きく動かす動作が困難になり、症状が長引くと日常生活にも支障をきたします。

年齢の違い?

四十肩と五十肩の大きな違いは発症する年齢です。
一般的には40代前後で発症するものを四十肩と呼び、50代前後からそれ以降で発症するものを五十肩と呼びます。
また、四十肩の方が発症する年齢が若いため、回復が早いという違いもあります。

四十肩の原因は?

肩関節周囲炎の詳しい原因はきちんと解明されていませんが、筋肉の衰えや関節の変性、血液循環の悪化が原因であることが徐々にわかってきています。
比較的若い人が発症する四十肩は、デスクワークなどで長時間同じ姿勢の人や姿勢が悪い人がなりやすいと言われています。
つまり、筋肉が無駄に緊張し、関節の動きが悪くなっている時に肩を動かすことで肩関節に炎症を起こしてしまうのです。

デスクワークのストレッチ方法について詳しくはコチラをご覧ください。

五十肩の原因は?

五十肩も四十肩と同じような原因で発症することもありますが、主な原因は加齢による衰えと考えられています。
50代にさしかかると、老化が急激に進みます。
肩関節にある腱板はもろくなりやすいため、何らかの動作がきっかけで腱板が傷つき炎症を起こしてしまうのです。
さらに、一度傷ついてしまうとなかなか修復が進まないという特徴があるため、回復も遅くなってしまいます。

四十肩と五十肩の違いは角度?

四十肩と五十肩の違いは、腕の上がる角度ではないか?とも言われています。
四十肩の方が五十肩に比べて腕が上がりやすい、というものですが、特に違いはありません。
発症する年齢が若い四十肩の方が重症化していない可能性が高いため、腕が上がるという場合もあるかもしれませんが、両者の違いは年齢によるものです。

さいごに

四十肩や五十肩は医学的には肩関節周囲炎とまとめて呼ばれています。
つまり、症状や原因に大きな違いはなく、発症する年齢が違うというだけです。

四十肩、五十肩の予防のためには日々のストレッチや運動をしていくことが大切です。
また、最近、肩が痛い、腕が上がりにくくなったと感じている場合は、症状の長期化を避けるためにできるだけ早期に治療を始めてください。

長引く肩こりにはグルコサミンサプリメントが効果的!
グルコサミンサプリおすすめランキング」も、併せてご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事