ケンサポ ケンサポ ケンサポ

      2016/04/07

 健康グッズ&アイテム

睡眠時無呼吸症候群に悩まされている方は必見!枕選びのポイントとおすすめの枕とは?

睡眠時無呼吸症候群は睡眠時に充分な休息が取れず、日常生活にも影響を及ぼします。
症状の改善には治療や生活習慣の見直しが大事ですが、枕を変えるだけでも効果があります。
今回は枕選びのポイントとおすすめの枕を3つ紹介します。

枕選びのポイント

寝返りが打てるか

睡眠時無呼吸症候群は睡眠時に舌の付け根が気道を防いで空気の通り道が狭まってしまうことが原因です。
横向きに寝ることも対策の一つとして考えられますが、人は睡眠中に何度も寝返りを打ちます。
そのため、ずっと横向きにまま固定して寝ることは難しく、また、長時間同じ姿勢を取っていると体の歪みの原因にもなります。

つまり、硬すぎず柔らかすぎない枕を選んで睡眠中に適度に寝返りが打てることが大切です。

枕の高さ

枕が高すぎると気道が圧迫され、いびきや無呼吸の原因になってしまいます。
睡眠中の理想の姿勢は立っている時と同じ状態と言われています。
新しい枕を選ぶ時はは、高すぎず低すぎず、首のS字を自然に保てる枕を選びようにしましょう。

現在使っている枕が微妙に合わない場合は、タオルを使ったり頭の位置を変えたりして高さを調節してみてください。

吸水性と放熱性

枕の素材を見る上で硬さも大切ですが、吸湿性や放熱性も重要なポイントです。
睡眠中は体の深部体温が高くなる一方で脳の温度低く保たれ、脳の休息が促されます。
良質な睡眠をとるためには睡眠中に頭の温度が上がらないように熱を逃がす枕を選ぶことも大切です。

睡眠時無呼吸症候群におすすめの枕

それでは実際に睡眠時無呼吸症候群の方におすすめの枕を紹介します。
※価格は店舗によって異なる場合がございます。

Danfill ネックピローライト JPA010 /参考価格:7,344円

Danfill ネックピローライト JPA010
福祉大国デンマークの「ダンフィル」の高品質枕です。
この枕は首を乗せる場所と頭を乗せる場所で硬さが違うため、睡眠中も自然な姿勢を保つことができます。
枕の幅も65㎝と広いため寝返りしやすく、高品質のポリエステル繊維を使用しているため、へたりにくい枕となっています。

HONORS ドリアン型枕 /参考価格:12,800円

HONORS ドリアン型枕
この枕は無数の空気穴が空いているため、通気性がよく、頭に熱がたまりにくくなっています。
また、高反発枕であるため、頭が支えられ、寝返りもしやすくなっています。

TEMPUR オリジナルネックピローM /参考価格:13,608円

TEMPUR オリジナルネックピロー
より良い睡眠を追及する「テンピュール」の枕です。
波型の形状をした枕が、頭と首にフィットし、自然な姿勢を保ちます。
肩こりや首痛がある方にもおすすめの枕です。

まとめ

睡眠時無呼吸症候群の改善策として枕を選ぶポイントは、寝返り、枕の高さ、吸水性、放熱性にあります。
睡眠時のいびきや無呼吸に悩まされている方は、ここに挙げたおすすめの枕への買い替えを検討してみてください。
症状がひどい方や日常生活に支障をきたしている方は病院で診察を受け、治療してもらいましょう。

参考:重大事故につながることも!知っておこう睡眠時無呼吸症候群の症状と治療

スポンサーリンク

関連記事