ケンサポ ケンサポ ケンサポ

      2015/10/21

 健康法

心と身体はイコール?何事も程々が1番、ゆるーい健康法

記事入れ84

毎日毎日、好きな食べ物を食べ、お酒を浴びるように飲み、タバコを吸い、好きな時間に寝て起きて、ダラダラ過ごす。しかし、身体に何の異常も無く健康体な人が居ます。

一方、毎日サプリメントを飲み、きちんと三食とって、適度な運動、オーガニックな生活を心がけ、健康管理に努めているのに、ある日病気を発症してしまう人も居ます。

前者をフィンランド症候群と呼びます。なんと理不尽な事でしょうね。、フィンランド症候群とは正式な医学用語ではなく、フィンランドで行われた実験に対し、マスコミが付けた言葉なのですが、なかなか興味深い内容です。

驚くべき実験とその結果

フィンランドの保険局が、40歳から45歳の男性600人に対し、定期健診、栄養状態のチェック、喫煙、飲酒、糖分と塩分の摂取量、運動量を指示しました。

一方、同じ40歳から45歳の男性600人のグル-プをつくり、こちらには何の支持も出さず、日々の生活を自己申告させたのみ。当然、管理されていない訳ですから、一般的に考えて前者のグループの方が健康的に過ごせそうですよね。

ところが15年後、健康状態を検査してみると、意外な出たのです。なんと後者の管理されていないグループの方が、高血圧やガン、病気による死亡、自殺、心疾患と、いずれにおいても管理されていたグループより数が少なかったのです。

健康の秘訣はノーストレス!?

どうしてこのような驚きの結果が出たのでしょうか?これが本当なら、世の健康マニアはたまりませんよね。多くの人はこの結果に対し、喫煙や飲酒、食生活に我慢を強いられる事でストレスが溜まり、病気になったという解釈のようです。

しかし、喫煙や飲酒、暴飲暴食が健康に良い訳がないとは思いますが、「ストレスが万病の元」と言うのには多少、頷ける所があります。

実際の所、鬱病患者に多いのは、几帳面で真面目で自分に厳しい人と言う説も有りますし。やはりストレスは良くないのかもしれません。

何事も程々に、笑って暮らせば健康体

年齢をとるごとに、健康に目覚める方も多いですね。50を過ぎていきなり、「今日から毎日ジョギング~!」なんて事はしなくて良いのです。

何か変えたいのならまずは、ウォーキングを週1でしてみるとか、その程度で充分ですよ。

サボったって全然構いません。自分に無理の無いように、楽しく、美味しく、心をラクに、穏やかに暮らす事が、一番の健康法なのかもしれませんよ。

スポンサーリンク

関連記事