ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 病気

スタイルの良い男性がかかりやすい病気?肺気胸の原因と症状について

肺気胸(はいききょう)という病気は、主に10代後半から30代後半の痩せ形の男性に多く発生する病気です。
肺に穴が空いてしまい中の空気がもれて、その空気によって肺が押されて縮んでしまっている状態のことを呼びます。

肺気胸の原因について

自然気胸

特にこれという理由もなく発生する肺気胸を「自然気胸(しぜんききょう)」と呼びます。
「特発性自然気胸」と呼ばれることもあり、明確な原因は明らかになっていません。

肺がんなど、何らかの肺の病気を患って発生した場合は「続発性自然気胸」という呼ばれ方をします。
こちらは若い男性ではなく、比較的に高齢の方に多く発症する気胸です。

月経随伴性気胸

月経随伴性気胸(げっけいずいはんせいききょう)は、生理の前後に発症する肺気胸です。
この病気の原因は、子宮内膜症が横隔膜まで広がってしまい、生理時に横隔膜に穴が開き空気が胸腔に入り込んでしまうことにより発症すると考えられています。

基本的に肺気胸は女性には少ない病気なので、女性の気胸の場合はこの月経随伴性気胸の可能性が高いと言われています。

肺気胸の主な症状は?

肺気胸の症状は、胸の痛み・息切れ・咳が出る・動悸・呼吸困難など様々です。
これらの症状が、何の前触れもなく突然現れるのが肺気胸の特徴となります。

多くは症状が出てもすぐに治まりますが、病状が重い場合は安静にしていても症状が続く場合があります。
症状が重く肺の空気が大量に漏れてしまうと、心臓に圧がかかりショック状態になることもあるので注意が必要です。

肺気胸ではどんな治療法が用いられるの?

軽度の肺気胸の場合

肺気胸は、主に胸部レントゲン検査によって重症かどうか判断します。
病状が軽度の場合には、安静にして自然に治るのを待つだけのことも多いです。
早ければ一週間ほどで胸膜が修復され、症状が治まる場合もあります。

重度の肺気胸の場合

肺気胸の病状が重い場合には、手術が必要になることもあります。
肺気胸の手術では、肺にチューブを挿入し肺の外に空気を逃がしてやります。

手術を行う場合は、一週間から二週間程度の入院が必要になることもあります。

肺気胸は再発率が非常に高い病気

肺気胸は、再発する可能性が非常に高い病気です。
一度治ったからといって、すぐに安心してはいけません。

肺気胸の治療後に息苦しさなどの違和感を感じたときは、早めに医師の診察を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事