ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 乳酸菌

キャベツにも乳酸菌がある!?乳酸菌豊富なキャベツの塩漬けの作り方とは?

乳酸菌といえばヨーグルトなどの乳製品に多く含まれているイメージがありますが、漬物などの発酵食品にも多く含まれています。
しかも、漬物に含まれる乳酸菌は生命力が強く、生きたまま腸に届きやすいという特徴があります。
今回は、誰でも簡単に作れて乳酸菌が豊富に含まれるキャベツの塩漬けについて紹介します。

キャベツの塩漬けには乳酸菌がたっぷり!

野菜にも乳酸菌が生息している?

乳酸菌は実は野菜にも生息しています。
野菜をぬか漬けや塩漬けにすることによって、野菜から水分や栄養分が出てきます。
乳酸菌がこれをエサとして繁殖するため、漬物に多くの乳酸菌が含まれるのです。

キャベツの塩漬けに乳酸菌が多い理由

キャベツは葉が何層にも重なっているため、ほかの野菜よりも多くの乳酸菌が生息しています。
さらに漬物にすることで乳酸菌が繁殖するため、キャベツの塩漬けには乳酸菌がたっぷりと含まれるのです。
キャベツの塩漬けは乳酸菌の宝庫と言っても過言ではありません。

植物性乳酸菌は強くて日本人のお腹にぴったり!

キャベツの塩漬けに含まれる乳酸菌は植物性乳酸菌で、ヨーグルトなどに含まれる動物性乳酸菌よりも生きたまま腸に届きやすいという特徴があります。
植物性乳酸菌は動物性乳酸菌よりも過酷な環境で生育するため、酸やアルカリ、温度変化にも強くなります。
そのため、体内に入ってもしぶとく生き続け、腸まで届くのです。

また、日本人は古くから漬物に含まれる植物性乳酸菌を体に取り入れてきたため、日本人のお腹にぴったりな乳酸菌でもあります。

乳酸菌がたっぷりとれるキャベツの塩漬けの作り方

材料

キャベツ…1/4玉
塩…小さじ1杯

作り方

1.芯を取り除いたキャベツを細切りしてポリ袋に入れる
2.塩を加え、全体になじむように混ぜ合わせる
3.ポリ袋から空気を抜き、できるだけ真空の状態にする
4.ボウルに入れて重しを乗せて2日間ほど室温で漬け込む

ポイントはキャベツを細かく切ること。
細かく切ることで、細胞の中にいる乳酸菌が出てくるため、乳酸菌の繁殖が進むようになります。

キャベツの塩漬けはそのまま食べてもおいしいですが、サラダなどに混ぜて食べる方法もあります。
ただし、植物性乳酸菌は熱に弱いため、熱を加えないようにして食べてください。

キャベツの効果について詳しくはこちらもあわせてご覧ください!
体質だと諦めないで!日常生活ですぐ取り入れられる胃腸を強くする方法

効果的な食べ方

植物性乳酸菌は、長くても3~4日で体外に排出されてしまいます。
そのため、少量ずつでいいので、2~3日に一度はキャベツの塩漬けなど、植物性乳酸菌が含まれる食品を食べるようにしましょう。

まとめ

キャベツの塩漬けは簡単に作ることができ、乳酸菌をたっぷり摂ることができます。
しかも、植物性乳酸菌であるため、生きたまま腸に届いて腸内環境を改善する効果が期待できます。
キャベツの塩漬けでしっかり乳酸菌を摂って健康を維持していきましょう!

乳酸菌を効果的に摂取するには、サプリメントがおすすめです。
あわせて「乳酸菌おすすめのサプリランキング」もご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事