ケンサポ ケンサポ ケンサポ

      2016/03/30

 口内

ニオイよさらば!口臭をなくしてくれる「なた豆」って?

親しい人に「口が臭い」と言われ、傷ついてしまった経験がある人は、意外と多いのではないでしょうか。
そんなあなたにオススメしたいのが、口臭を取ってくれる「なた豆」です。

なた豆がなぜ口臭を取ってくれるのかについて、説明していきましょう。

口臭の原因は炎症と膿

口臭の原因のひとつに、歯周病と歯槽膿漏があります。
歯周病は、歯の周りが炎症を起こすもので、膿がたまることもあります。

歯槽膿漏は重度の歯周病のようなもので、歯の周りの骨が溶けて、膿が出る病気です。
口臭は、この膿によってもたらされるものなのです。

また、副鼻腔が炎症を起こして膿がたまる病気に蓄膿症があります。
鼻と口とはつながっていますので、膿の臭いは口にまで漏れてきます。
この膿が口臭の原因となっているケースもあります。

つまり、口臭の原因は炎症と、それによる膿だといっていいのです。

なた豆は炎症を抑え膿を出してくれる

なた豆茶の効能には2つあります。

ひとつは炎症を抑えることで、もうひとつは膿の排出を助けることです。
これはなた豆に含まれているカナパニンという成分の効能です。

歯周病の場合、カナパニンによって炎症を抑えられます。
これによって膿がたまることと、悪化して歯槽膿漏になることを防ぎます。
同時に、歯周病や歯槽膿漏によってたまった膿の排出を助けてくれるのです。
口の中から膿がなくなれば、口臭が消えていくというわけです。

蓄膿症についても、基本的には同じ。
炎症を抑えると同時に、膿を排出して口臭を消していくのです。

なた豆茶とはどういうものか

このなた豆を煎じて飲むのが「なた豆茶」です。
カナパニンをお茶として摂取するわけです。
いろいろな製品が出ており、どれを選んだらよいか迷ってしまうほどです。

なた豆茶の中には、味に癖の強いものもあるようです。
口臭が消えるといっても、我慢して飲まなければならないとなると、ちょっと考えてしまいますよね。

ただ、すべての製品が味に癖があるわけではなく、麦茶に似た癖のない香りのするものもあります。
なた豆茶を初めて購入しようという人は、口コミを参考に飲みやすいものを選んでみましょう。

なた豆入り歯磨き粉の特徴は

なた豆の成分が入った歯磨き粉も、いろいろな製品が販売されています。
歯周病や歯槽膿漏は口臭の原因ですので、なた豆によって防いでくれるものです。

最初は一般的な歯磨き粉のようなミント味がしないため、戸惑うかもしれません。
また、泡立ちが一般的な歯磨き粉ほどないのも少なめです。

ただ、これはあくまでも慣れの問題で、そのうちミントの刺激がない方が良くなってくるでしょう。
実際、なた豆入り歯磨き粉は発泡剤が入っていないため、健康にいいぐらいなのです。

なた豆は口臭を防ぐだけでなく、歯と歯茎の健康を守ってくれるのです。
年を取っても健康な歯を残すため、なた豆を試してみませんか?

口臭が実は病気のサイン!?詳しくはコチラをご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事