ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 眼病

スマホやパソコンで失明の恐れも…ブルーライト対策に効果的なものは?

仕事やプライベートに関わらず、スマホやパソコンを使う機会が増え、画面を見る時間も長くなっています。
スマホやパソコンの画面にはブルーライトが使われていますが、実は体に悪影響を及ぼします。
今回はブルーライトの危険性とその対策を紹介します。

ブルーライトとは?

ブルーライトとは380~500nm(ナノメートル)の波長の光で、目に見える光(可視光線)の中でも強い光です。
スマホやパソコンの液晶画面に使われているため、私たちはブルーライトを浴びる機会が多くなっています。
このブルーライトはエネルギーが強く、網膜にまで到達するため、人間の目や体にさまざまな影響を及ぼします。

ブルーライトの危険性

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性は、網膜の中心部にある黄斑が異常をきたし、物がゆがんで見える、視野の中心部が見えなくなる、などの症状を引き起こします。
日本人の中途失明原因第4位にもなっており、症状が進行すると失明の危険もあります。
一般的には加齢による活性酸素が原因となりますが、ブルーライトは網膜に届き、活性酸素が発生させるため、若い人でも加齢黄斑変性になる危険性が指摘されています。

参考:患者数急増中!失明の原因にもなる「加齢黄斑変性」って?

眼精疲労

ブルーライトはエネルギーが強いため、直接的に眼球に影響を与えます。
また、ブルーライトは、画面にぶれやちらつきを発生させるため、目のピントがぶれやすくなります。
人間の目は焦点を合わせようとするため、目の筋肉や脳が疲れてしまい、眼精疲労を引き起こしてしまいます。

参考:あなたは大丈夫?眠気を伴う眼精疲労のセルフチェックと対策術

睡眠障害

ブルーライトは太陽光に似ているため、一日中ブルーライトを浴びていると本来の生体リズムが崩れてしまいます。
その結果、寝不足、不眠症などの睡眠障害の原因となってしまいます。

ブルーライトの対策は?

ブルーライトをカットする

最近はブルーライトをカットするメガネや、スマホやパソコンの画面に貼って目を保護するフィルムが売られています。
こういったものでブルーライトをできるだけ浴びないようにし、目の負担を抑えることが大切です。

参考:目の疲れは老け顔の原因。ブルーライトカットめがねの効果ってどうなの?

遠くを見るようにする

長時間の作業になる場合は1時間に5分ほどは遠くを見ることも大切です。
焦点を変えることで目の緊張が和らぎます。

ブルーベリーサプリメントで網膜を保護する

ブルーベリーには、高い抗酸化作用を持つアントシアニンが豊富に含まれています。
そのため、ブルーライトが原因で発生する活性酸素を抑制し、網膜を保護することができます。
また、アントシアニンには血行促進作用もあるため、眼精疲労を改善する効果もあります。

参考:ブルーベリーに含まれるアントシアニンの効果って?

まとめ

スマホやパソコンといったデジタル機器は生活するうえで必要不可欠なものです。
しかし、ブルーライトの強い光を浴びることになるため、体に異常をきたすケースが増えています。

スマホやパソコンの無駄な使用を控え、ブルーライトカットメガネなどでブルーライトをできるだけ浴びないように工夫しましょう。
また、体の内側から目を保護するには、アントシアニンが豊富に含まれるブルーベリーサプリが効果的です。
ブルーライト対策をしっかり行い、健康な目を維持していきましょう。

あなたも目の健康を考え直してみませんか?
目のトラブルにはやっぱりブルーベリー。
ブルーベリーおすすめサプリランキング」も併せてご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事