ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 健康法

食後の嫌な腹痛・下痢・吐き気…その原因として考えられることって?

楽しく食事をした後に体の不調が起きるとその楽しさも一気に覚めてしまいますし、食事を摂ること自体に不安を感じるようになってしまいますね。
食後に起こる腹痛や下痢、吐き気の原因と改善方法を知ってトラブルを回避しましょう。

原因は?

胃や腸がデリケートな人ほど食後に腹痛や下痢、吐き気を感じやすいですが、その自覚症状がない人でもこういった症状を感じることがあります。
その原因、そして引き金となってしまうのが食生活の乱れであり、食事中の行動でもあります。

暴飲暴食

お腹が空いているから、時間がないからと言って過食や早食いをすると胃や腸への負担が大きくトラブルにつながります。
また、アルコール類の取りすぎや、冷たい飲み物の取りすぎも体への負担が大きいです。

刺激の強い食べ物

香辛料が効いた食事は美味しいですね。
しかし、辛みや塩分の強い食べ物、カフェインの入った飲み物は消化不良につながりトラブルの元となります。

改善法は?

何かを食べてはいけない、飲んではいけないということではありません。
自分の体調と相談をしながら適量を食べたり飲んだりすることが大切です。

また、ちょっと疲れが溜まっていると感じるときなどには、胃や腸に優しい食事の代表格とされる、うどんやおかゆなどで胃や腸を休憩させて調子を整えることを意識しましょう。

もちろん普段から消化不良を起こしやすい食生活を改め、栄養バランスの取れた体に優しい食生活に変えていくことも大切です。

病気も視野に入れる

自分でできる範囲の改善をしても食事の後の体調トラブルが改善しないという人は、病気の可能性があります。
放っておくことなく適切なクリニックにかかって診断してもらうことが大切です。
食後に腹痛や下痢、吐き気が起こる病気として「過敏性腸症候群」や「胃炎」、「胃潰瘍」、「十二指腸潰瘍」、「幽門狭窄症」などの病気の可能性があります。

食事は体の基本です。
しかしその食事次第で体調不良やトラブルも招きます。
一度自分の食生活を振り返り改善していきましょう。

スポンサーリンク

関連記事