ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 動脈硬化

タバコはやっぱり害がある…!その科学的根拠とリスクとは?

最近、ある大学教授がタバコと肺癌とは関係がないという本を出版し、話題になりました。
確かに、喫煙者が半減しているのに、肺癌で死ぬ人が5倍に増えているのは事実です。
ですが、タバコにはそれ以外にも害があるのです。
タバコの害について、科学的根拠を交えながら説明していきましょう。

タバコは動脈硬化の原因になる

タバコに含まれるニコチンには、血管を収縮させる働きがあることが分かっています。
血管が収縮すると、血圧は上がります。
ホースの出口を押さえると、内部が狭くなって水圧が上がり、勢いよく出るのと同じです。

問題は、血圧が高くなると血管が傷んでしまうことです。
タバコをしょっちゅう吸っている人は、高い血圧に耐えるため血管壁が厚くなります。
これによって血管内部が狭くなり、動脈硬化を招いてしまうのです。

また、ニコチンには体内のコレステロールを酸化させる働きがあります。
酸化したコレステロールは血管壁に付着し、内部をさらに狭くしてしまうのです。
ニコチンは血圧とコレステロールの両面から、動脈硬化を促進させる害があるといっていいでしょう。

タバコによって酸素の摂取量が減少する

ヘビースモーカーの肺は、非喫煙者と比較すると、黒く汚れてしまっています。
この汚れ正体はタバコに含まれるタールで、汚れによって肺の機能が低下してしまいます。
これによって、肺からの酸素の摂取量が減ってしまいます。

また、タバコの煙には、一酸化炭素が含まれています。
一酸化炭素は赤血球内のヘモグロビンと結びつき、酸素の運搬を妨げるのです。
肺そのものでの摂取量が落ちているうえに、赤血球の方もうまく酸素が取り込めなくなるのです。
タバコによって運動機能が落ちてしまうのは、この2つが原因です。

タバコには依存性がある

では、これだけ害があるタバコを、なぜなかなかやめられないのでしょうか。
それはタバコに含まれるニコチンに依存性があるからです。

ニコチンは気分を良くさせるドーパミンの分泌を促進させる働きがあります。
長期にわたってニコチンを摂取している人は、摂取しないとドーパミン不足で精神不安定になります。
これがニコチン依存症で、タバコをやめられない最大の原因といっていいでしょう。

麻薬や覚醒剤が体に悪いと分かっていても、やめられないのと同じなのです。
ある意味、タバコの害の最たるものといっていいかもしれません。

タバコの発癌性には科学的根拠がないといっても、それ以外にも害はあります。
そして、上記のように、そうした害には科学的根拠があるのです。
肺癌と関係がないとしても、やっぱりタバコは吸わない方がいいでしょう。

スポンサーリンク

関連記事