ケンサポ ケンサポ ケンサポ

      2016/03/29

 病気

アメリカはチキンスープ、中国は喉をつねる?!世界各国の風邪予防方法って?

ようやく春の訪れを感じるようになってきましたが、季節の変わり目は風邪を引きやすい時期でもあります。
ちょっと体調が悪い、風邪気味だと感じた時、世界各国の人たちはどうしているか気になったことはありませんか?
今回は世界各国の風邪予防法を紹介します。

風邪とはどういう状態なのか

風邪とは何らかの原因で鼻やのどがウイルスに感染し、炎症を起こしてしまうことです。
風邪の原因となるウイルスは200種類以上と言われ、せき、のどの痛み、鼻水、鼻づまり、発熱などの症状を引き起こします。
医学的には「風邪症候群」と呼ばれています。

日本の一般的な風邪予防法は?

緑茶を飲む

緑茶には強い殺菌作用と抗菌作用があるため、風邪予防に効果があります。
緑茶でのうがいも効果的です。

参考:飲んでるだけじゃもったいない!茶葉を食べて健康力UP!

生姜湯を飲む

生姜にも強い殺菌作用があるため、古くから風邪予防として生姜湯が飲まれてきました。
また、血行促進作用もあり、体温が上昇するため免疫力も高まります。

卵酒を飲む

卵酒を飲むと体が温まるため、風邪の引きはじめに効果があると言われています。

風邪で味を感じない!そんな時の食事についてはコチラをご覧ください。
風邪を引いたら味覚障害に…その原因や治し方は?

世界各国の風邪予防法

アメリカ

アメリカでは風邪の引いた時にチキンスープを飲むのが一般的です。
チキンブイヨンから作られるスープで、主に鶏肉、玉ねぎ、にんじん、などが具として入っています。
チキンスープに含まれるカルノシンという栄養素が体の免疫機能を助ける働きがあるため、風邪に効果的です。

中国

中国では風邪を引いた時に喉をつねるという民間療法があります。
これは、中医学に基づいたもので、喉のまわりを優しくマッサージして血行を良くすることで、痰を出しやすくする効果があるそうです。

インド

インドではごま油でうがいをするという健康法があります。
インドの自然療法、アーユルヴェーダの健康法の一つで、喉の潤いを保つ効果や、免疫力を高める効果があります。

ドイツ

ドイツでは風邪予防にカモミールティーを飲む習慣があります。
カモミールはヨーロッパでは古くから民間薬として使われてきたハーブです。
カモミールティーには発汗作用や鎮痛効果、安眠効果があるため、風邪の引きはじめに効果的です。

フランス

フランスやヨーロッパの一部では、風邪予防に赤ワインを温め、ホットワインにして飲むという習慣があります。
アルコールを温めて飲むと体が温まりやすく、免疫力が上がるため、風邪予防に効果的です。

ロシア

ロシアでは温めた牛乳にはちみつを入れて飲むという風邪予防法があります。
栄養素が多く含まれる牛乳に殺菌作用があるはちみつを入れて風邪を予防します。
また、安眠効果もあるため、寝つきもよくなります。

さいごに

いかかでしたか?
世界各国にはその国の特徴に合わせてさまざまな風邪予防法があります。
中には本当に効果があるのか疑問が残るものもありますが、風邪予防の参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連記事