ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 健康法

「カット野菜には栄養が無い」は本当?カット野菜で野菜不足は解消できないの?

コンビニやスーパーなどで売られている「カット野菜」。
手軽に購入して野菜を摂ることができるので、よく購入する方も多いのではないでしょうか。
しかし、カット野菜はその製造工程で、野菜の栄養が失われているという噂があります。
カット野菜に栄養が無いという噂は、本当なのでしょうか?

カット野菜には栄養が無い?!

カット野菜に栄養が無いという根拠は、どこから来ているのでしょうか?
その理由を調べてみました。

カット野菜は水道水で洗浄するため栄養が流れてしまっているという説

カット野菜は水道水で洗浄するため、野菜の栄養が流れてしまっているという説があります。
野菜に含まれるビタミンには、水に溶けやすい水溶性ビタミンと、水に溶けにくい油溶性ビタミンの2種類があります。
この水溶性のビタミンが水道水の洗浄により流れてしまうので、カット野菜には栄養が残っていないというのです。

カット野菜は殺菌剤に浸しているので栄養が無いという説

カット野菜は変色などを防ぐために殺菌剤に浸してあるので、栄養が失われてしまっているという説です。
殺菌剤というのは「次亜塩素酸ナトリウム」という物質で、カット野菜の中にはこの次亜塩素酸ナトリウムで殺菌されているものもあります。
また、この次亜塩素酸ナトリウムがカット野菜に残留するので、その健康被害が心配だという声もあります。

カット野菜の栄養が無くなってしまう…というのはウソ!

カット野菜には栄養が無いという噂の根拠をご紹介しました。
しかし、実際にはそれほど心配しなくても大丈夫なようです。

その理由についてみてみましょう。

水道水で洗ってもビタミンはほとんど流れない

水道水で洗浄すると、カット野菜の水溶性ビタミンが流れてしまうという噂がありますが、実際はほとんどビタミンは失われません。
むしろ、失われてしまうのは加熱した場合や、水で茹でた場合のようです。

現在は次亜塩素酸ナトリウムを使って殺菌している業者は少ない

現在は、次亜塩素酸ナトリウムを使ってカット野菜を殺菌している業者は少ないようです。
次亜塩素酸ナトリウムは過剰に摂取すれば危険な物質ですが、カット野菜に残っている量はわずかなので、気にしなくても大丈夫でしょう。

カット野菜で手軽に野菜の栄養を補いましょう

カット野菜には栄養が無いという噂についてご紹介しました。
しかし、実際にはカット野菜の栄養が失われているということは無く、失われていたとしてもわずかな量のようです。
つまり、カット野菜の洗浄処理については、心配するほどのことではないみたいですね。

カット野菜は、コンビニやスーパーなどで手軽に入手できる便利な食材です。
そんな便利なカット野菜で、日頃不足しがちな野菜の栄養を補いましょう。

スポンサーリンク

関連記事