ケンサポ ケンサポ ケンサポ

      2016/03/15

 DHA EPA

気になるコレステロール値が改善?鯖缶には優れた栄養素がたくさん!

そのまま食べても、お料理に使ってもおいしくて便利な「鯖缶」。
缶詰なのに、栄養豊富でしかもコレステロール値が下がると言われる理由を調べてみました!

鯖は栄養豊富な青魚の代表格

鯖やアジ、イワシなどの青魚に共通して多く含まれる栄養成分には、DHA(ドコサヘキサエン酸)、やEPA(エイコサペンタエン酸)があります。
これらの成分は、血液中の中性脂肪値やコレステロール値を下げてくれる働きがあります。
特に、鯖に含まれるEPAの含有量は、100gあたり1600mgと、他の青魚と比べて群を抜いて多いのです。

DHAとEPAの働きについて詳しくはコチラをご覧ください。

悪玉コレステロールを減らすEPA

EPAとは、人間の体内で作ることができない多価不飽和脂肪酸で、食べ物から摂取しなければなりません。
EPAの主な効果は、血栓の原因となってしまう血小板の固まりやすさを防いでくれ、血液の流れをスムーズにするだけでなく、中性脂肪や悪玉コレステロールを減らしてくれます。

血液サラサラ!DHA

そして鯖にはDHAも多く含まれています。
DHAは脳を活性化する働きがある事ですでに知られていますが、もう1つの働きとして、血液をサラサラにしてくれる効果があります。
肝臓で中性脂肪が作られるのを抑えてくれ、さらに肝臓から血液へと中性脂肪が分泌されるのも抑制するので、結果的にコレステロールを下げてくれるのです。

血液サラサラ効果のある食材はコチラもご覧ください。

鯖缶は鯖の栄養が丸ごと入った宝箱

鯖の缶詰は、調理済みで味付けされたものが多く、水と塩で煮たものを「水煮」、味噌で煮たものを「味噌煮」などがあります。
面倒な下ごしらえの手間も無く、缶詰を開けたらすぐに食べられるというメリットもあります。

DHAやEPAは水や油に溶けやすく、調理方法によっては流出したり、光や酸素に触れる事によって、失われたりしてしまいます。
また、冷凍保存でも同じ事が言えます。

しかしこれらの鯖の缶詰は、生の状態で缶に入れて加熱殺菌処理、加熱調理をし、空気を抜いて詰められるので、水に溶け出した栄養素を損なう事無く、食する事ができるのです。
つまり、鯖缶には鯖の栄養素がそのまま、丸ごと閉じ込められているというワケです!

ここに注目!鯖缶の選び方

鯖缶に書いてある栄養成分の表示を見てみると、「DHA」と「EPA」の含有量が示してあります。
これは原材料となる鯖が、脂肪の多い秋鯖と、少ない春鯖とでは含まれる栄養成分の量も違ってくるためです。
鯖缶を購入する際には、ラベルをチェックし、DHA、EPAの含有量にも注目してみましょう。

コレステロールが下がるだけでなく、保存も効いて手軽に食べられる鯖缶。
早速、毎日の食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

毎日お手軽にDHA/EPAを摂取するにはサプリメントがおすすめ。
いろんな種類のサプリメントがありますので、「おすすめのDHA・EPAサプリランキング」もあわせてご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事