ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 アレルギー

花粉で喉がイガイガ!花粉症による喉の痛みやイガイガの原因と対策は?

花粉症と言えば、くしゃみ、鼻水と目のかゆみが代表的な症状ですが、中には喉の痛みやイガイガを訴える人もいます。
花粉症なのになんで喉?と思われるかもしれませんが、花粉症と喉の痛みはしっかりと関係しています。
今回は花粉症による喉の痛みの原因と対策を紹介します。

花粉症で喉が腫れる…

花粉症による喉の腫れや痛みの原因は喉に炎症が起こっているためです。
喉に炎症が起こる理由として2つ考えられます。

鼻炎症状の影響

花粉症は鼻の粘膜にアレルゲンである花粉が付着することが原因でくしゃみ、鼻水といった鼻炎症状を引き起こします。
この鼻炎症状が長引いてしまうと、炎症が鼻の奥、そして喉へと徐々に広がってしまいます。
元々、鼻と口や気管などは呼吸器としてつながっているために、鼻の炎症が喉へと広がってしまい、喉の痛みを引き起こすのです。

口の乾燥

花粉症になると鼻づまりも起きます。
そのため、鼻呼吸ができなくなり、自然と口呼吸をすることが多くなります。
そうなると、口の中が乾燥し、喉の粘膜が壊れてしまうため、炎症を起こし、痛みやイガイガ感が出てくるのです。

喉が痛いときの対策は?

マスクや加湿器で喉の乾燥を防ぐ

花粉症による喉の痛みは喉の乾燥が大きな原因です。
そのため、普段からマスクをして喉の乾燥を防いだり、家にいる時は加湿器で湿度を保ったりすることが大切。
また、のど飴を舐めて乾燥を防ぐことも有効ですよ。

こまめにうがいをする

外出から帰ったらまずうがいをして、持ち帰った花粉を落とすようにしましょう。
また、室内にいる間もこまめにうがいすることで喉を清潔保つことができ、炎症を最小限にとどめることができます。
うがいする際は炎症を抑えるうがい薬などを使うと効果が高まります。

緑茶を飲む

緑茶には皮膚や粘膜を保護する働きがあるカテキンが多く含まれています。
そのため、喉の粘膜の炎症が和らげる効果があります。

はちみつをお湯に溶かして飲む

はちみつには栄養が豊富に含まれていますが、粘膜の炎症を抑える効果や殺菌効果もあります。
お湯100㏄にはちみつ小さじ1杯分を目安に溶かして、やけどに気を付けてゆっくり飲みましょう。
また、ショウガやレモンを加えるとより効果が高まります。

まとめ

一度花粉症になってしまうと花粉シーズンが終わるまで症状が続くことが多く、喉の痛みも出やすくなります。
まず大切なのは花粉シーズンの前に花粉症対策をすることですが、症状が悪化し、喉に痛みが出てしまったら今回紹介した対策法を試してみてください。

喉の痛みが長い間続くような場合は、花粉症以外が原因となっている場合もあるため、一度病院で診察受けるようにましょう。

スポンサーリンク

関連記事