ケンサポ ケンサポ ケンサポ

      2016/03/30

 健康法

腎機能の低下を予防しよう!腎臓に良い食べ物や飲み物とは?

腎臓は血液をろ過して尿を作って老廃物を排出するなど、体内環境を保つ働きをする重要な臓器です。
そのため、腎機能の低下を予防することは健康を維持するために必要なことです。
今回は腎臓に良い食べ物と飲み物を紹介します。

腎機能が低下したらどうなるのか?

何らかの原因で腎機能が低下した場合、むくみやたんぱく尿、血尿などの症状が現れ始めます。
この状態であれば、食事療法や生活習慣の見直しによって改善できますが、放っておくと腎不全になり、透析が必要になることもあります。
腎臓に不安のある方や腎機能の低下を予防したい方は、これから紹介する食べ物や飲み物を参考にして食生活を見直してみてください。

腎臓の病気と種類について詳しくはコチラをご覧ください。

腎臓に良い食べ物

豆類

大豆やあずきなどの豆類には利尿作用や解毒作用があるため、腎臓の機能を助ける働きをします。
ただし、腎機能が大きく低下している場合は、豆類に含まれるカリウムやたんぱく質が腎臓に負担をかけてしまうため、食べ過ぎには注意が必要です。

大豆は健康にも美容にも大活躍!詳しくはコチラをご覧ください。

魚介・海藻類

カツオやイワシ、昆布やひじきなどの魚介・海藻類も腎臓に良い食べ物と言われています。
これらにはアミノ酸が多く含まれ、老廃物を最小限に抑える良質なたんぱく質であるため、腎臓の負担を軽くしてくれます。

その他の食べ物

山芋やほうれん草、ハト麦にも利尿作用があるため、腎臓の負担を軽くする効果があります。
このほかに、ごまやにんにくも腎臓の機能を高める効果があります。

腎臓に良い飲み物

なた豆茶

なた豆には解毒作用のある酵素、ウレアーゼが豊富に含まれています。
また、腎臓のろ過機能回復させる効果があるコンカナバリンAも含まれています。
さらに利尿作用もあるため、腎機能の回復に効果的です。

このほか、あずき茶や黒豆茶も利尿作用が高いと言われています。
ただし、これらにはカリウムが多く含まれているため、カリウムを制限されている場合は医師と相談して飲むようにしてください。

食べ物・飲み物以外で気をつけたいこと

腎機能を回復させるためには腎臓に負担をかけないことが大切です。
そのために、普段の食事から、塩分の過剰摂取を避ける、よく噛んで食べる、満腹になるまで食べないなどを意識するようにしましょう。
また、普段から有酸素運動などで体を動かして腎臓に刺激を与えることも大切です。

まとめ

腎機能が低下してしまうと老廃物が体外に排出できなくなり、体内に毒素が溜まってしまい、体にさまざまな悪影響を及ぼします。
腎機能の低下の初期症状はわかりにくいことが多いため、普段から腎臓をいたわる必要があります。
今回紹介した腎臓に良い食べ物や飲み物で腎機能の低下を予防していきましょう。

スポンサーリンク

関連記事