ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 健康法

砂糖と言えば白砂糖!?知っていますか、白砂糖の健康被害…

コーヒーを飲むときや料理で使用する時にメインで使っているのは白砂糖でしょうか。
実は白砂糖は体に悪い成分が入っているのです。
その成分について、またオススメの甘味料をご紹介します。

白砂糖が体に悪いという根拠は?

まず、白砂糖はどうして白いのか…ということを説明します。
白砂糖は「てんさい」や「さとうきび」という植物を精製させて作られています。
原料である「てんさい」も「さとうきび」もどちらも植物ですのでそれ自体に害はありません。

ではどこで身体に悪い成分が紛れてしまうのかというと、それら原料から白砂糖を製造する過程にあります。
白砂糖はその名前の通り、白い色をしています。
その白い色は自然の色ではないのです。

まず、白砂糖を製造ずるときには不純物を取り除くために化学薬品を使用し、砂糖の白さを出すために漂白剤として塩酸を使用します。
よって白砂糖は体内への吸収率が以上に早い食材になり、体内に取り込まれたときに酸性の食品は体内のカルシウムを奪い、コレステロール値を上げ、糖尿病の要因ともなり健康に悪影響があるのです。

白砂糖に代わりに使うべきものは?

白砂糖の使用をやめたら、どんな甘味料を使えばよいのでしょうか。
身体に害を与えない次の甘味料をお勧めします。

黒糖

サトウキビ本来の色、そして栄養素がそのまま残っているものです。
ビタミンとミネラルが豊富です。

黒糖が持つ効果について詳しくはコチラをご覧ください。

てんさい糖

砂糖大根が原料の甜菜糖は、漂白などはされず製造されていてオリゴ糖が含まれています。

ハチミツ

アミノ酸やミネラルなど抗酸化作用があります。

メープルシロップ

カエデの樹液が原料の天然甘味料です。
ローカロリーでミネラルも多く含まれます。

白砂糖以外に気を付ける砂糖

スーパーの砂糖売り場に立ち寄ってみると、白くはない砂糖を他にも見かけます。
その中にある三温糖、薄く茶色がかっているこの砂糖は安心食材なのでしょうか。
いえ違います!

見た目には自然食材に見えますが、白砂糖と同じ製造過程を通り最後に砂糖を蜜化しているのであのような色になっているだけです。
色に騙されないようにしましょう。

様々な場面で利用をすることが多かった白砂糖、その弊害を理解したうえで他の甘味料へのシフトチェンジをしてみてはいかがでしょうか。

その際も遺伝子組み換え食品であるとか、国内生産品であるなど甘味料によってきちんとチェックし体に良いものを摂取するようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事